【撮った写真で比較レビュー】Canon EOS Kiss X70 VS Nikon D3100のレビュー

Canon EOS Kiss X70とNikon D3100を徹底比較します。

まずは基本スペックで比較

※スマホの場合、はみ出しますので横スクロールできます。

機種 Canon EOS Kiss X70 Nikon D3100
レンズマウント キヤノンEFマウント ニコンFマウント
画素数 1800万画素(有効画素) 1480万画素(総画素)1420万画素(有効画素)
撮像素子  APS-C22.3mm×14.9mmCMOS& APS-C23.1mm×15.4mmCMOS&
撮影感度 標準:ISO100~6400拡張:ISO12800 標準:ISO100~3200拡張:ISO6400相当、12800相当
連写撮影 3 コマ/秒 3 コマ/秒
シャッタースピード 1/4000~30 秒 1/4000~30 秒
撮影枚数 ファインダー使用時:600枚液晶モニタ使用時:190枚 ファインダー使用時:550枚
記録メディア SDHCカードSDカードSDXCカード SDHCカードSDカードSDXCカード
ライブビュー 
自分撮り機能     
GPS     
動画記録画素数 フルHD(1920×1080) フルHD(1920×1080)
幅x高さx奥行き 129.6×99.7×77.9 mm 124x96x74.5 mm
重量 435 g 455 g

Canon EOS Kiss X70ってどんな一眼レフカメラ?


発売日:2014年 3月13日

ポイント1 安いわりに性能が充実

ローエントリーモデルなので、お値段はかなりリーズナブルになっています。その割に有効画素数1800万、ISO(カメラが光を感じる能力)12800となっており、これらの基本性能はより上位のエントリーモデルの機種と比べてもそれほど大きく変わりません。

ただし、他のエントリーモデルについているタッチパネルや、フリーアングルの液晶画面などの便利機能がないので、簡単に楽しむためには他のエントリーモデルがいいでしょう。

ポイント2 軽くて持ち運びが楽

バッテリーを含めたボディの重さが480gとなっており、これはデジタル一眼レフカメラとしてはかなり軽量の部類に入ります。デジタル一眼は重いものが多く、普段のお出かけのついでに持っていくということが難しいカメラです。

ですが、480gであれば500mlのペットボトルより軽く持ち運べますので、お散歩カメラとしても重宝します。初めてデジタル一眼を持つ方は、いきなり大きく重いカメラを買ってしまうと、持ち歩くのがめんどくさくて家の中で眠らせてしまう人がいます。ですので、初めて買う人には重要な点の一つです。

ポイント3 ライブビュー機能

デジタル一眼レフカメラと言うと、ファインダーを覗いて撮影するイメージが強いと思います。ですが、Kiss X70にはライブビュー機能がついており、液晶モニターに被写体を映すことができますので、ファインダーを覗かないでも、モニターで確認しながら撮影できます。

もちろんファインダー撮影はデジタル一眼の醍醐味ではあるのですが、状況や被写体の位置によっては、モニターでの撮影の方は非常に重宝します。例を挙げると、周りを見ながら撮影しなければならない時や、高く掲げて撮影するときなどで有用な機能です。

エントリーとしてこのカメラを選ぶ人へのアドバイス

最初からある程度機能が充実しているカメラを選びたいという方には、X80やX7など他のCanonのエントリーモデル、もしくはNikonのD3000シリーズ、D5000シリーズなどをお勧めいたします。あえてこの機種を選ぶメリットは多くないです。

このカメラの一番の強みは価格の安さであり、標準レンズのついたレンズキットが4万円前後で購入できます。まずデジタル一眼をやってみてセカンドを考えたという人にはいいでしょう。また、かなり軽いので、持ち歩き重視の人にもお勧めできる一台です。

総合評価

見た目のよさ、質感 軽さ、コンパクトさ
画像の精細さ、ノイズの少なさなど 手ぶれ補正、撮影モードなど
メニュー操作・設定のしやすさ 液晶画面は見やすいか
バッテリーの持ちはよいか しっかりホールドできるか

Canon EOS Kiss X70で撮影した写真集

Something is wrong.
Instagram token error.
Load More

※価格は最新ではありません。数万円単位で安くなっていることが多々ありますので必ずAmazonサイトで確認してください。

利用者レビュー

普通に撮れます。

評価:
アマゾンのタイムセールで安かったので買って見ました。当たり前ですが普通に写ります。EF50mm F1.8 STM等をつけて子供との散歩の時や公園のアスレチック等でラフに扱っても気にならないので ある意味重宝軽いので邪魔にならず負担にならないのがいいですね。時々一眼に興味のある友人に貸してどんなものか試してもらってます。こゆのも一台持ってるといいですね。

※価格は最新ではありません。数万円単位で安くなっていることが多々ありますので必ずAmazonサイトで確認してください。

Nikon D3100ってどんな一眼レフカメラ?


発売日:2010年 9月16日

ポイント1 D3000シリーズの基本性能が詰まった機種

Nikonのエントリーシリーズとして人気のD3000シリーズですが、2代目として登場したD3100で、このシリーズ基礎となる性能が1通り入りました。D3000にはなかったライブビュー機能(ファインダーをのぞかなくても液晶画面を見て撮影できる機能)やCMOSセンサーが付いています。

CMOSセンサーは以前のCCDセンサーに比べて、高速撮影に優れ、消費電力が少なく、データの読み出しが早いと言われています。また安価に生産できるので、カメラ全体の値段も下がりやすいというメリットがあります。また、Nikonで初めてフルハイビジョン動画を撮影できる機能も搭載し、高画質の動画を楽しめるようになりました。

ポイント2 とにかく安い

現行のD3000 シリーズの基本性能を備えたカメラでありながら、D3100はレンズキッドが中古で2万円台前半から販売されています。すでに2世代後のD3300が発売されているということもあり、中古しか見つかりませんが、この値段でレンズキットを買えるデジタル一眼は少ないです。

付属のレンズは中古相場でも1万円を超えていますので、実質ボディーは破格の1万円台前半ということになります。

ポイント3 使いやすい

先ほど書いた通り、基本性能はすべて詰まっています。ですので、D3000シリーズの特徴である使いやすさはD3100の強みになります。ガイドモードやヘルプボタンを使えば、様々な機能や設定について液晶画面で簡単に調べることができます。

また、新しく加わったライブビューや動画の撮影方法も、進化したガイドモードで調べることができます。

D3000はもともと軽い機種でしたが、さらに30g軽量化し、お散歩カメラとしても使いやすくなっています。ボディーの軽さは、初心者にも中級以上の方にもうれしい特徴です。

エントリーとしてこのカメラを選ぶ人へのアドバイス

この機種を買うメリットは、中古でのコストパフォーマンスの良さです。基本性能がしっかり詰まっているこのレベルのデジタル一眼レフカメラが、レンズ付きでも2万円台前半で買えるというのは、非常にお買い得だと思います。

ただし、新品を買うメリットはほとんどないので(おそらく新品は手に入らないと思いますが)、中古に不安がある方は、新モデルであるD3200やD3300を飼われることをお勧めします。

初めて楽しむには十分な機能を備えたNikon D3100で、初期費用をかけずデジタル一眼を始めませんか?

総合評価

見た目のよさ、質感 軽さ、コンパクトさ
画像の精細さ、ノイズの少なさなど 手ぶれ補正、撮影モードなど
メニュー操作・設定のしやすさ 液晶画面は見やすいか
バッテリーの持ちはよいか しっかりホールドできるか

Nikon D3100で撮影した写真集

Something is wrong.
Instagram token error.
Load More

※価格は最新ではありません。数万円単位で安くなっていることが多々ありますので必ずAmazonサイトで確認してください。

利用者レビュー

買って3年経ちました

評価:
主にヘアスタイルの撮影で使っています。初の一眼レフです。主にストロボを使って撮影しています。 画質はいいと思います。ガイド機能もありがたいです。 一眼レフにしては、大きさも小さいので持ち運びやすいです。今後は風景も上手に撮れるようになりたいです。自分のレベルだったら、これで十分だと思います。

今更ですが…

評価:
発表から今日で3年目、購入から2年ちょっと経ちますが、今更ながらレビューします。【デザイン】まぁ、これは個人の主観になりますが、いいと思います。質感も意外と悪くないですし、液晶がファインダーの真下近く(完全に真下ではない)にあるのもいいです。【画質】なかなかいい感じです。高感度もISO1600までならOK、3200からググッと発色が落ちますが、撮り方使い方次第で使えると思います。【操作性】購入した頃はカメラのことによく分かっていませんでしたが、分かってくるとすごくボタン不足です。また設定内容もざっくりしていて、ISOが一段変化だったり、ノイズリダクションが高感度、長時間統一でするしないだけであったり、もうちょっと細かく設定していきたいです。ただ、オートで撮る分やSS、絞り等を変える程度なら十分使えると思います。【バッテリー】意外とよく持ちます。ライブビューやストロボを多用するとすぐ減りますが、連写メインでいけば1000枚撮れたこともあります。ただ、真冬の氷点下以下?ぐらいになるとバッテリーを温めてやらないとちゃんと動かない時がありました。【携帯性】軽いし小さいです。ここには申し分ないです。【機能性】ガイドモードがありますが、ほとんど使ったことがなくよくわかりません。防滴も何もないですが特に困ることはありませんでした。【液晶】23万ドットなのであまりよろしくありません。【ホールド感】小さい割にしっくりきます。手の形もあるでしょうし、軽いからかもしれません。※採点項目外【AF】AFは別に特別遅くも早くもありません。普通です。通常撮影する場合や単純な動きの乗り物撮影ならAFはちゃんと合いました。【連写】連射は3コマ/秒ですので、あまり速くはありません。ちょっと長めに撮り続ければ、RAWでは連写が遅くなることがありましたが、JPEGならそんなことはありませんでした。【ファインダー】小さいです。もっと大きいと気持ちがいいな。また近視の自分には視度調整がもっとあれば良かったです。【動画】フルHD24コマ/秒撮れるので大きく表示しても綺麗ですし、ノイズも少ないです。ただマイクがモノラルなのが非常に残念です。【総評】画質はやはり一眼ですので良いです。不満がいろいろとありますが、自分が入門機に求めすぎている所が多いので、初心者や通常撮影等には問題ないと思います。また、ここで言うのもアレかもしれませんが、D3200やD5100、5200なら上記の多くの不満は解消されそうです。

レフ機の入り口に最適

評価:
【デザイン】軽快感の中にもニコンのアイデンティティーが感じられ良いと思います。【画質】この価格帯の中では十分な画質で高感度も思ったより粘ってくれます。    時には上位機のD7000よりもメリハリのある画がはきだされてハッとします。    画像エンジンのチューニングが良い言い方でメリハリがあり悪い言い方ですと塗り絵的です。【操作性】上位機に比べれば当然悪いですが、入門したてでオート主体で撮影する分には何の問題もありません。【バッテリー】1日200ショット程度なら問題無く使用できます。【携帯性】大変良いですがレンズ次第です。【機能性】ガイドモードやシーンモードで初心者にもそれなりに撮影できます。     込み入った設定をする際にはメニューの深層部までいかないとならないのですが、     入門機としては仕方がない仕様でしょう。【液晶】語りつくされてますが最悪です。【ホールド感】薬指・小指があまりますが、悪くはないです。【総評】2011年1月に初めて購入したデジタル一眼レフです。    ミラーレスを購入前提で販売店に赴きましたが、何気なく持った瞬間の感触の良さで即買いしました。    それから約2万ショット、私に写真撮影の素晴らしさを教えてくれた良いカメラです。    今、現在に於いては画素数・機能性とも後継機にスペック上は甘んじておりますが、    現在の価格に於いての費用対効果は高く、ここからレフ機にどっぷり浸かり様々な事を学び、    上位機へもアリだと思います。

※価格は最新ではありません。数万円単位で安くなっていることが多々ありますので必ずAmazonサイトで確認してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 【撮った写真で比較レビュー】Nikon D3200 VS Nikon D5100のレビュー

    Nikon D3200とNikon D5100を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場…
  2. 【撮った写真で比較レビュー】Canon EOS Kiss X50 VS Canon EOS Kiss X6iのレビュー

    Canon EOS Kiss X50とCanon EOS Kiss X6iを徹底比較します。まずは基…
  3. 【撮った写真で比較レビュー】Nikon D5200 VS Nikon D7000のレビュー

    Nikon D5200とNikon D7000を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場…
  4. 【撮った写真で比較レビュー】Canon EOS 7D VS Canon EOS Kiss X7iのレビュー

    Canon EOS 7DとCanon EOS Kiss X7iを徹底比較します。まずは基本スペックで…
  5. 【撮った写真で比較レビュー】Canon EOS Kiss X70 VS Nikon D3200のレビュー

    Canon EOS Kiss X70とNikon D3200を徹底比較します。まずは基本スペックで比…

ピックアップ記事

  1. Nikon D3200とNikon D5100を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場…
  2. Canon EOS Kiss X50とCanon EOS Kiss X6iを徹底比較します。まずは基…
  3. Nikon D5200とNikon D7000を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場…
  4. Canon EOS 7DとCanon EOS Kiss X7iを徹底比較します。まずは基本スペックで…
  5. Canon EOS Kiss X70とNikon D3200を徹底比較します。まずは基本スペックで比…

新着情報

  1. 【撮った写真で比較レビュー】Nikon D3200 VS Nikon D5100のレビュー

    Nikon D3200とNikon D5100を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場…
  2. 【撮った写真で比較レビュー】Canon EOS Kiss X50 VS Canon EOS Kiss X6iのレビュー

    Canon EOS Kiss X50とCanon EOS Kiss X6iを徹底比較します。まずは基…
  3. 【撮った写真で比較レビュー】Nikon D5200 VS Nikon D7000のレビュー

    Nikon D5200とNikon D7000を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場…

ランダム記事

  1. Nikon DfとNikon D5100を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場合、は…
  2. Nikon D3100とNikon D5000を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場…
  3. CanonEOS 60DとNikon D5000を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの…
  4. Nikon D7000とNikon D5300を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場…
  5. Canon EOS Kiss X70とNikon D3000を徹底比較します。まずは基本スペックで比…

固定ページ

ページ上部へ戻る