【撮った写真で比較レビュー】CanonEOS 60D VS CanonEOS 80Dのレビュー

CanonEOS 60DとCanonEOS 80Dを徹底比較します。

まずは基本スペックで比較

※スマホの場合、はみ出しますので横スクロールできます。

機種 CanonEOS 60D CanonEOS 80D
レンズマウント キヤノンEFマウント キヤノンEFマウント
画素数 1800万画素(有効画素) 2580万画素(総画素)2420万画素(有効画素)
撮像素子  APS-C22.3mm×14.9mmCMOS& APS-C22.3mm×14.9mmCMOS&
撮影感度 標準:ISO100~6400拡張:ISO12800 標準:ISO100~16000拡張:ISO25600
連写撮影 5.3 コマ/秒 7 コマ/秒
シャッタースピード 1/8000~30 秒 1/8000~30 秒
撮影枚数 ファインダー使用時:1600枚液晶モニタ使用時:350枚 ファインダー使用時:1390枚液晶モニタ使用時:340枚
記録メディア SDHCカードSDカードSDXCカード SDHCカードSDカードSDXCカード
ライブビュー 
自分撮り機能     
GPS     
動画記録画素数 フルHD(1920×1080) フルHD(1920×1080)
幅x高さx奥行き 144.5×105.8×78.6 mm 139×105.2×78.5 mm
重量 675 g 650 g

CanonEOS 60Dってどんな一眼レフカメラ?


発売日:2010年 9月18日

ポイント1 コストパフォーマンスが良い

純粋なエントリーモデルに比べると、基本性能は優れています。1500万画素、ISO(光を感じる能力)100~6400、1秒間に5.3コマの連射機能など、初心者の方には十分な性能を備えています。

もちろん同じシリーズの後継機種D70やD80に比べると性能は落ちますが、これらの最新機種の発売とともに、値段は下落しています。性能を考えたときのコストパフォーマンスが非常に優れた1台になります。

ポイント2  バリアングル式液晶モニター

最近のデジタル一眼レフカメラでは当たり前になっているライブビュー機能。ファインダーを覗かなくても液晶モニターで被写体を確認して撮影できる機能です。そしてその機能を最大限発揮できるのが、バリアングル式液晶モニター。

これは、様々な角度に動かすことができる液晶モニターですが、ハイアングル・ローアングルともに簡単に撮ることができます。人ごみの中から目標のものを撮影したり、ペットの目線に合わせて地面すれすれから撮影する際に無理な体勢を取らなくても楽々撮影が可能です。

ポイント3 幅広い撮影モード

初心者にありがたいさまざまな撮影モードが入っています。

モードダイヤルというダイヤルを回せば、ワンタッチで簡単撮影(全オート・ポートレイト・ポートレイト・スポーツなど)や応用撮影(シャッター優先や絞り優先)などを選べます。また、そのダイヤルには、カメラユーザー設定というモードもあり、自分のお気に入りの設定を登録しておけますので、ワンタッチでその設定で写真撮影が可能となります。

他にも表現セレクトやクリエイティブフィルターなど自分好みの雰囲気の写真に仕上げることのできる撮影モードが満載されています。

エントリーとしてこのカメラを選ぶ人へのアドバイス

ポイント1で上げた通り、このカメラを選ぶ一番の理由はコストパフォーマンスの良さです。機能では後継のEOS 70/80 Dには及ばないものの、中古ではボディが5万円を切っています(すでに製造中止をしているため、新品は購入できません)。

70/80Dを購入する余裕はないが、ある程度性能が良く、使いやすい機種が欲しいという人にはお勧めできる1台です。

ただし、80Dが販売されたことにより、70Dの中古が多く出回り、60Dとの価格差が無くなってきています。あまり値段が変わらないのであれば、70Dを選ばれた方が無難かもしれません。

総合評価

見た目のよさ、質感 軽さ、コンパクトさ
画像の精細さ、ノイズの少なさなど 手ぶれ補正、撮影モードなど
メニュー操作・設定のしやすさ 液晶画面は見やすいか
バッテリーの持ちはよいか しっかりホールドできるか

CanonEOS 60Dで撮影した写真集

Something is wrong.
Instagram token error.
Load More

※価格は最新ではありません。数万円単位で安くなっていることが多々ありますので必ずAmazonサイトで確認してください。

利用者レビュー

デジ一眼8代目の60D

評価:
【デザイン】キヤノンEOS シリーズとして継承【画質】基本的には満足していますが、高感度においてISO 1600までが限界だと感じています。またF値によってはピント精度に不満があります。付属の18-135mm レンズ性能はやはりL レンズより劣ると思います。【バッテリー】必要にして十分で、1日の撮影で不足したことはありませんでした。【携帯性】7D から60D に替えた理由は重さでして、手持ち撮影にはこの程度の重さが私には合っています。【液晶】液晶画面を見てバッチリ撮れたと思ってもPC 画面で確認するとピンぼけであることが多々あります。【総評】数年間使ってきましたが、新しい機種が出てくると見劣りしてきます。AFポイント数と精度、高感度がISO 1600程度までしか実用的でないこと、付属標準レンズ性能に不満があることから、少し小さく軽くなったEOS 80D への買い換えを検討しています。 

サブ機として活躍

評価:
2011年7月に中古品を手に入れ2013年1月までメインとして使っていました。フルサイズに憧れ6Dをメインに使っていますが、タムロンの18-270mmレンズを装着サブ機として使ってます。写真1・2枚目は、18-135mmで撮った数少ない物です。タムロンの18-270に比べ軽くて持ち出すのには良いんですがやはりお出掛け時には、望遠が足りなく感じてしまいこの時だけ使ってレンズは、売って処分しました。3枚目の写真は、そのタムロンで撮ったもので夕日に浮かぶシルエットが良く思わずシャッターを押した1枚です。ダイヤルなど使い勝手は良く液晶のバリアアングルは良いです。お祭りなど人混みの多い場所では、カメラを持ち上げての撮影に威力を発揮しました。個人的には、好みで分れますがシャッター音以外良いカメラだと思います。メインで使用している6Dのシャッター音が好みです。

初めてのカメラ

評価:
【デザイン】普通にカッコいいです。【画質】初めての一眼でしたがこれ以上のスペックは要らないんじゃないかと思いました。【操作性】操作し易い。【バッテリー】電源入れたり消したりして一日300枚程取っても余裕過ぎる。電源入れっぱなしはしないのでわからないけど、1000枚は撮れる気がする。【携帯性】やっぱり一眼重い・・。長時間は疲れますね。【機能性】あり過ぎて使いこなせず。【液晶】綺麗なんじゃなかろうか。全く不満ないし、これ以上のスペックは要らない気がするけど。それにバリアングルだし。【ホールド感】手に馴染む。【総評】初めての一眼カメラだったけど価格と性能に大満足。初めての一眼カメラに自信を持ってオススメできます。

※価格は最新ではありません。数万円単位で安くなっていることが多々ありますので必ずAmazonサイトで確認してください。

CanonEOS 80Dってどんな一眼レフカメラ?


発売日:2016年 3月25日

ポイント1 驚きの高性能、2420万画素 ・ISO100~16000、オールクロス45点AF

とにかく上位機種に引けを取らない基本性能の高さが特徴です。2420万画素やISO100~16000は先代のEOS 70Dより進化して、さらに他のエントリークラスと差別化が進んでいます。

そして、このカメラの一番の押しはオールクロス45点AF(オートフォーカス)です。AFには大きく分けるとラインセンサーとクロスセンサーに分かれます。ラインセンサーは縦か横かどちらか一方向にしか動かないセンサーですが、クロスセンサーは縦横どちらにも動けます。

つまりクロスセンサーでは、ピント合わせが圧倒的に早くなるのです。さらにそれがEOS 70Dの19点から45点に3倍増になっています。D70 から採用されている位相差AFも相まって、一瞬でピントを合わせ,高画質の画像が撮れます。

ポイント2 ファインダー視野率約100%

一眼レフを買ったからには、構えを作ってファインダーを覗きこみ、シャッターを切りたいものです。多くのエントリークラスのカメラでは、ファインダー視野率が90%台となっていますが、EOS 80Dはこのファインダー視野率100%を実現しています。

97~98%との差、2,3%が非常に大きいのです。これは実際に覗いて撮ってみないとわかりませんので、店頭で試し撮りをして比べてもらうといいと思います。ライブビュー撮影(液晶モニターを見てする撮影)のみの人には関係ない機能ですが、一眼レフの醍醐味、ファインダー撮影をぜひ活躍させてほしいです。

ポイント3 この高性能がコンパクトに

上の2点で、他のエントリーモデルとの違いを説明しましたが、上位モデルとの違いはやはりそのコンパクトさでしょう。基本性能は上位機種に迫っていますが、ボディ重量は約650g。

D70 からさらに軽量化され、大きな一眼レフではできない普段使いも可能になっています。この性能のカメラが気軽に持ち出せるという非常にうれしいサイズパフォーマンスです。

エントリーとしてこのカメラを選ぶ人へのアドバイス

ボディが10万円を超えるので、最初の1台としては高価なモデルにはなります。ただし、使いやすさ、基本性能、サイズともに非常に優れたモデルですので、これからカメラを頑張ろうという人には、長く付き合えるモデルとして非常にお勧めできます。

セカンドとしてこのカメラを選ぶ人へのアドバイス

他のエントリークラスからのステップアップはもちろん、大型のプロフェッショナル一眼レフカメラを持っている人のセカンドとしても十分な機能を備えていると思います。下位機種とは思えない写真が撮れますよ。

総合評価

見た目のよさ、質感 軽さ、コンパクトさ
画像の精細さ、ノイズの少なさなど 手ぶれ補正、撮影モードなど
メニュー操作・設定のしやすさ 液晶画面は見やすいか
バッテリーの持ちはよいか しっかりホールドできるか

CanonEOS 80Dで撮影した写真集

Something is wrong.
Instagram token error.
Load More

※価格は最新ではありません。数万円単位で安くなっていることが多々ありますので必ずAmazonサイトで確認してください。

利用者レビュー

シャッターチャンスに強いカメラ

評価:
約4ヶ月使用し、結果的に手放してしまったので、最後に再レビューします。前回レビューしたときも薄々感じていたのですが、やはり6Dとの差が気になり始め、段々80Dを持て余すようになってきまして・°°・(>_<)・°°・。それほどフルサイズ信者でもないと思ってたし、大して写真もうまくないので、80Dでも必要十分と思い込もうとしていたのですが、6Dで撮影した写真と交互にrawの現像をしていると、やはり仕上がりに差が出てきて、どうせ1台持ち出すなら6Dがいいなぁなどと考え始め、追い打ちをかけるように5DⅣの噂も出てきて、ごめんなさいと相成りました。ちょっと高くつきましたが、勉強になりました。多分5DⅣ買います。以下は、最初のレビューです。タムロンは対応しましたね。=================== 初めて投稿します。 購入して1週間ほど使用しました。 これまでEOSは6DやKissのX4を使用してきたので、それと比較した感想です。1.画質 すごく良いですが、やはり、6D>80D>X4という順序です。室内の撮影でもX4よりノイズがずいぶん減ったという印象ですが、フルサイズほどの感動はいまのところないです。 また、ピクチャースタイルのポートレイトの色味が良くなったと思います。2.操作性 まだ十分使いこなせていないです。 これまでほぼ中央1点AFでしたので、外側の測距点もどんどん使いたいと思います。任意の測距点を選ぶダイヤル操作や測距エリアモード選択ボタンがまだ慣れません。横位置と縦位置で、測距点を別々に記憶できるのは便利そうです。 液晶のタッチパネルもM2より良好な気がします。 また、6Dでもできなかった、MモードかつISOオートでの露出補正ができました。SETボタンを押しながら、メイン電子ダイヤルを回すことで露出補正ができるようにボタンの割り当てをしました。きっと、5DⅢや6Dの後継機にも採用されるのでしょうね。3.機能 これまで比較的AFにゆとりのある(!)機種を使ってきたので、すごく速くなった印象はあります。 レンズとの相性もあると思いますが、EF-S17-55mmや55-250mmSTMの使用時は快適です。 なお、サードパーティーのレンズは、シグマではトラブルはありませんでしたが、唯一持っているタムロンの28-300mmはライブビュー撮影でボディがフリーズしました。電源をOFFにしても液晶が消えなくなったりして少し嫌な感じです。そのうち対応されるのだと思いますが、タムロンのホームページにはまだ記載がないみたいですね。 バリアングルも初で、おっかなびっくり使っていますが、あきらめていたローアングルやハイアングルでの撮影ができて便利そうです。4.質感 シャッター音は、6Dよりだいぶ軽く、6Dの方が好きです。この違いで妻に気づかれると思いましたが、いまのところ気づかれておりません。(別に隠すつもりもないが、あえて話してもいない!)。 また、6Dと重量はほぼ同じですが、軽量になった感じがします。5.その他 6Dを購入して、フルサイズに移行したものの、フルサイズで望遠のシステムを組むことに経済的にも体力的にも躊躇し、APS-Cの一眼レフに未練がありました(100-400mmLⅡなどもすごく気にはなるのですが…。)。 8000Dや7DⅡも考えましたが、8000Dは連写のバッファが少ないこと、ワンショットとサーボの切り替えボタンが使えないこと(個人的にはこれが結構重要。)、8000分の1秒シャッターが使えないこと(8000Dなのに…)などから、7DⅡは、6Dより重く大きくなること、7DⅡほどの連写枚数は当面必要なさそうなことなどから、80Dにしました。 値段は下取り5000円を引いて13万円弱。 まだ割高感はありますが、70Dがあまり値段が下がらなかったこと、予備バッテリーのキャンペーンがあることなどから、良い買物だったと思います。ただ、これまで使っていたLightroom5が80Dに対応しておらず、6にバージョンアップすることになったのは想定外でした…。

※価格は最新ではありません。数万円単位で安くなっていることが多々ありますので必ずAmazonサイトで確認してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 【撮った写真で比較レビュー】Nikon D3200 VS Nikon D5100のレビュー

    Nikon D3200とNikon D5100を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場…
  2. 【撮った写真で比較レビュー】Canon EOS Kiss X50 VS Canon EOS Kiss X6iのレビュー

    Canon EOS Kiss X50とCanon EOS Kiss X6iを徹底比較します。まずは基…
  3. 【撮った写真で比較レビュー】Nikon D5200 VS Nikon D7000のレビュー

    Nikon D5200とNikon D7000を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場…
  4. 【撮った写真で比較レビュー】Canon EOS 7D VS Canon EOS Kiss X7iのレビュー

    Canon EOS 7DとCanon EOS Kiss X7iを徹底比較します。まずは基本スペックで…
  5. 【撮った写真で比較レビュー】Canon EOS Kiss X70 VS Nikon D3200のレビュー

    Canon EOS Kiss X70とNikon D3200を徹底比較します。まずは基本スペックで比…

ピックアップ記事

  1. Nikon D3200とNikon D5100を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場…
  2. Canon EOS Kiss X50とCanon EOS Kiss X6iを徹底比較します。まずは基…
  3. Nikon D5200とNikon D7000を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場…
  4. Canon EOS 7DとCanon EOS Kiss X7iを徹底比較します。まずは基本スペックで…
  5. Canon EOS Kiss X70とNikon D3200を徹底比較します。まずは基本スペックで比…

新着情報

  1. 【撮った写真で比較レビュー】Nikon D3200 VS Nikon D5100のレビュー

    Nikon D3200とNikon D5100を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場…
  2. 【撮った写真で比較レビュー】Canon EOS Kiss X50 VS Canon EOS Kiss X6iのレビュー

    Canon EOS Kiss X50とCanon EOS Kiss X6iを徹底比較します。まずは基…
  3. 【撮った写真で比較レビュー】Nikon D5200 VS Nikon D7000のレビュー

    Nikon D5200とNikon D7000を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場…

ランダム記事

  1. Nikon D3100とCanon EOS Kiss X7を徹底比較します。まずは基本スペックで比較…
  2. Nikon D3200とNikon D5000を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場…
  3. Nikon D7000とCanon EOS 8000Dを徹底比較します。まずは基本スペックで比較※ス…
  4. Nikon D5500とCanon EOS Kiss X8iを徹底比較します。まずは基本スペックで比…
  5. Canon EOS Kiss X6iとCanon EOS Kiss X7を徹底比較します。まずは基本…

固定ページ

ページ上部へ戻る