【撮った写真で比較レビュー】CanonEOS 60D VS Nikon D7000のレビュー

CanonEOS 60DとNikon D7000を徹底比較します。

まずは基本スペックで比較

※スマホの場合、はみ出しますので横スクロールできます。

機種 CanonEOS 60D Nikon D7000
レンズマウント キヤノンEFマウント ニコンFマウント
画素数 1800万画素(有効画素) 1690万画素(総画素)1620万画素(有効画素)
撮像素子  APS-C22.3mm×14.9mmCMOS& APS-C23.6mm×15.6mmCMOS&
撮影感度 標準:ISO100~6400拡張:ISO12800 標準:ISO100~6400拡張:ISO25600相当
連写撮影 5.3 コマ/秒 6 コマ/秒
シャッタースピード 1/8000~30 秒 1/8000~30 秒
撮影枚数 ファインダー使用時:1600枚液晶モニタ使用時:350枚 ファインダー使用時:1050枚
記録メディア SDHCカードSDカードSDXCカード SDHCカードSDカードSDXCカード
ライブビュー 
自分撮り機能     
GPS     
動画記録画素数 フルHD(1920×1080) フルHD(1920×1080)
幅x高さx奥行き 144.5×105.8×78.6 mm 132x105x77 mm
重量 675 g 690 g

CanonEOS 60Dってどんな一眼レフカメラ?


発売日:2010年 9月18日

ポイント1 コストパフォーマンスが良い

純粋なエントリーモデルに比べると、基本性能は優れています。1500万画素、ISO(光を感じる能力)100~6400、1秒間に5.3コマの連射機能など、初心者の方には十分な性能を備えています。

もちろん同じシリーズの後継機種D70やD80に比べると性能は落ちますが、これらの最新機種の発売とともに、値段は下落しています。性能を考えたときのコストパフォーマンスが非常に優れた1台になります。

ポイント2  バリアングル式液晶モニター

最近のデジタル一眼レフカメラでは当たり前になっているライブビュー機能。ファインダーを覗かなくても液晶モニターで被写体を確認して撮影できる機能です。そしてその機能を最大限発揮できるのが、バリアングル式液晶モニター。

これは、様々な角度に動かすことができる液晶モニターですが、ハイアングル・ローアングルともに簡単に撮ることができます。人ごみの中から目標のものを撮影したり、ペットの目線に合わせて地面すれすれから撮影する際に無理な体勢を取らなくても楽々撮影が可能です。

ポイント3 幅広い撮影モード

初心者にありがたいさまざまな撮影モードが入っています。

モードダイヤルというダイヤルを回せば、ワンタッチで簡単撮影(全オート・ポートレイト・ポートレイト・スポーツなど)や応用撮影(シャッター優先や絞り優先)などを選べます。また、そのダイヤルには、カメラユーザー設定というモードもあり、自分のお気に入りの設定を登録しておけますので、ワンタッチでその設定で写真撮影が可能となります。

他にも表現セレクトやクリエイティブフィルターなど自分好みの雰囲気の写真に仕上げることのできる撮影モードが満載されています。

エントリーとしてこのカメラを選ぶ人へのアドバイス

ポイント1で上げた通り、このカメラを選ぶ一番の理由はコストパフォーマンスの良さです。機能では後継のEOS 70/80 Dには及ばないものの、中古ではボディが5万円を切っています(すでに製造中止をしているため、新品は購入できません)。

70/80Dを購入する余裕はないが、ある程度性能が良く、使いやすい機種が欲しいという人にはお勧めできる1台です。

ただし、80Dが販売されたことにより、70Dの中古が多く出回り、60Dとの価格差が無くなってきています。あまり値段が変わらないのであれば、70Dを選ばれた方が無難かもしれません。

総合評価

見た目のよさ、質感 軽さ、コンパクトさ
画像の精細さ、ノイズの少なさなど 手ぶれ補正、撮影モードなど
メニュー操作・設定のしやすさ 液晶画面は見やすいか
バッテリーの持ちはよいか しっかりホールドできるか

CanonEOS 60Dで撮影した写真集

Something is wrong.
Instagram token error.
Load More

※価格は最新ではありません。数万円単位で安くなっていることが多々ありますので必ずAmazonサイトで確認してください。

利用者レビュー

デジ一眼8代目の60D

評価:
【デザイン】キヤノンEOS シリーズとして継承【画質】基本的には満足していますが、高感度においてISO 1600までが限界だと感じています。またF値によってはピント精度に不満があります。付属の18-135mm レンズ性能はやはりL レンズより劣ると思います。【バッテリー】必要にして十分で、1日の撮影で不足したことはありませんでした。【携帯性】7D から60D に替えた理由は重さでして、手持ち撮影にはこの程度の重さが私には合っています。【液晶】液晶画面を見てバッチリ撮れたと思ってもPC 画面で確認するとピンぼけであることが多々あります。【総評】数年間使ってきましたが、新しい機種が出てくると見劣りしてきます。AFポイント数と精度、高感度がISO 1600程度までしか実用的でないこと、付属標準レンズ性能に不満があることから、少し小さく軽くなったEOS 80D への買い換えを検討しています。 

サブ機として活躍

評価:
2011年7月に中古品を手に入れ2013年1月までメインとして使っていました。フルサイズに憧れ6Dをメインに使っていますが、タムロンの18-270mmレンズを装着サブ機として使ってます。写真1・2枚目は、18-135mmで撮った数少ない物です。タムロンの18-270に比べ軽くて持ち出すのには良いんですがやはりお出掛け時には、望遠が足りなく感じてしまいこの時だけ使ってレンズは、売って処分しました。3枚目の写真は、そのタムロンで撮ったもので夕日に浮かぶシルエットが良く思わずシャッターを押した1枚です。ダイヤルなど使い勝手は良く液晶のバリアアングルは良いです。お祭りなど人混みの多い場所では、カメラを持ち上げての撮影に威力を発揮しました。個人的には、好みで分れますがシャッター音以外良いカメラだと思います。メインで使用している6Dのシャッター音が好みです。

初めてのカメラ

評価:
【デザイン】普通にカッコいいです。【画質】初めての一眼でしたがこれ以上のスペックは要らないんじゃないかと思いました。【操作性】操作し易い。【バッテリー】電源入れたり消したりして一日300枚程取っても余裕過ぎる。電源入れっぱなしはしないのでわからないけど、1000枚は撮れる気がする。【携帯性】やっぱり一眼重い・・。長時間は疲れますね。【機能性】あり過ぎて使いこなせず。【液晶】綺麗なんじゃなかろうか。全く不満ないし、これ以上のスペックは要らない気がするけど。それにバリアングルだし。【ホールド感】手に馴染む。【総評】初めての一眼カメラだったけど価格と性能に大満足。初めての一眼カメラに自信を持ってオススメできます。

※価格は最新ではありません。数万円単位で安くなっていることが多々ありますので必ずAmazonサイトで確認してください。

Nikon D7000ってどんな一眼レフカメラ?


発売日:2010年10月29日

ポイント1 シャッタースピードが速い

シャッタースピードが1/8000秒になっています。これは発売が3年新しい下位機種D5300の倍のスピードです。シャッタースピードが速ければ、多少手が動いたり、被写体が動いているものでもぶれずに撮れるというメリットがあります。ただし、暗い場所では光の量が十分でないため、シャッタースピードを上げすぎると写真が暗くなってしまうため、明るい屋外でこの機能を楽しめると思ってください。

また、動画機能も、D5000シリーズなどよりもしっかりしていますので、動画もよく撮る方にも向いている機種かもしれません。

ポイント2 昔のレンズでもオートフォーカス(AF)が使える

カメラのAF機能というのは、カメラ内にモーターが付いている場合とレンズ内にモーターが付いている場合があります。

特に古いレンズにはモーターが付いていないものが多く、カメラ内モーターが付いていないD5000シリーズやD3000シリーズなどのエントリーモデルでは、AF-Sという型のモーターの付いたレンズではないと、AF機能が使えません。D7000はカメラ内モーターが付いていますので、モーターが付いていないレンズでもAF機能が使えます。

ポイント3 ボディが強化されている

ボディにアルミニウム合金を使うことでボディの耐久性が上がっています。また、ボディの防塵・防滴機能も付いており、アウトドアや多少の雨でも比較的安心して使うことができます。

エントリーとしてこのカメラを選ぶ人へのアドバイス

ミドル(中級)機種に分類されるカメラになりますので、エントリー(初級)機種に比べると値段が高くなります。いきなりこの機種を買うよりも、バリアングル(自由に角度を変えることのできる)液晶があり、軽量であるD5000シリーズの方が値段的にもお勧めできます。

屋外で動くものや動画を撮りたい方にはD5000シリーズよりもメリットが大きい機種ではあるので、エントリーとして、D7000を購入するのも一つかもしれません。

セカンドとしてこのカメラを選ぶ人へのアドバイス

ミドル機種として、AFモーターがカメラ内についていますので、AFモーターが付いていないレンズを持っている方は、こちらの機種を買われることをお勧めします。

2016年現在、2代後継機種であるD7200が発売されたこともあり、ボディの価格が5万円台まで落ちてきています。ミドルクラスのボディが5万円台というのはお買い得になります。

総合評価

見た目のよさ、質感 軽さ、コンパクトさ
画像の精細さ、ノイズの少なさなど 手ぶれ補正、撮影モードなど
メニュー操作・設定のしやすさ 液晶画面は見やすいか
バッテリーの持ちはよいか しっかりホールドできるか

Nikon D7000で撮影した写真集

Something is wrong.
Instagram token error.
Load More

※価格は最新ではありません。数万円単位で安くなっていることが多々ありますので必ずAmazonサイトで確認してください。

利用者レビュー

初心者には十分です

評価:
子供の成長記録と趣味のために1年ほど前に購入しました。それまで使っていた一眼に比べると写真の表情も豊かに感じます。レンズは、レンズキットの純正のものを使っていましたが、1年経つともう少し良いものが欲しいかな、でもこれでも十分かな?と迷うほどなので、なかなか良いものなのではないでしょうか。屋外での撮影することが多く、これまで10回くらい地面にボディから落としていますがなんともないくらい丈夫です。3年後くらいにフルサイズ機を購入したいとは思いますが、長くこのカメラで修行したいなと思うほどお気に入りです。初心者にはとても良いカメラだと思います。

なかなかいいね。けど慣れてくればフルサイズが欲しくなるぜ

評価:
【デザイン】これはあまり気にしない。デジタル一眼レフなら大体同じようなものだろう【画質】設定をいじっていけば自分好みの画質は得られるようになってきた。フルサイズに比べると多少のっぺりした感じはあるが、コンデジとは比べるまでもなく綺麗に写る。レンズにもよるがISO400までは全く問題なく、800まではノイズはのるが許容範囲。それから上はディテールが失われ、色ノイズで画が変になるので滅多に使わない。【操作性】オートホワイトバランスが信用できないので液晶で確認しつつ手動で設定している。ほんの少しピンクに傾いてくれれば人肌がいい感じになるのに。最近ISOを手動で変えるのめんどくさくてISOオートを上限800で使ってる。便利だね^^【バッテリー】LV使ってると消耗早いけどフルに使っても丸1日は余裕で持つ【携帯性】ストラップを好みの長さに変えて、歩くときには斜め掛けしてる。これで連れ出し使い倒すぜ【機能性】マイメニュー登録とかボタン割り振り、フラッシュの強さを変えられたり結構使える機能があるね。デジイチの楽しみは味わえる。だいたいA、たまにM。Pとシーンモードは必要ない【液晶】昼間は見にくい。家に帰ってPCで観るとなんか違う【ホールド感】浅いので片手だと落としそう。いつも首からストラップ【総評】18-105はAFが遅いのでシグマ17-50 f2.8に買い替えたが、シャープだけどなんかつまらん。画が固く色味がおかしい時があるし広角側は周辺が流れて使えない。今思えば18-105は柔らかくてまあま良かったな。AFが遅くて旅行の時くらいしか使わなかったけどD7000で昼間撮った写真にはなんら不満は無いのですが、フルサイズの好感度、諧調性、広角域の余裕が欲っしーーい!

コストパフォーマンス抜群!

評価:
【デザイン】DX機のなかでは良い方。18-105 VR レンズとのバランスが特に良い。【画質】この機種のスペックではこの画質で十分でしょう。練習してFXにステップアップ?!【操作性】ダイヤルで設定をサクサク変更できるので、様々な写真が撮影出来ます。練習にはもちろん、操作性の良さは常識にとらわれない写真も可能にしてくれます。【バッテリー】あまり充電しなくても数回撮影に出れます。長持ち。【携帯性】これくらいの重量がしっかりしていていいと思います。【機能性】ほとんどマニュアルで撮影しますが、様々な機能は撮影を助けてくれます。【液晶】当然、強い日差しがあると見えにくいです。日陰での液晶はしっかりと見えます。【ホールド感】しっかりつかめます。ストラップをつけていますが、ほとんど掛けません。【総評】非常に使いやすく、初心者から中級者、あるいは上級の方もサブ機として使えるのではないでしょうか?

※価格は最新ではありません。数万円単位で安くなっていることが多々ありますので必ずAmazonサイトで確認してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 【撮った写真で比較レビュー】Nikon D3200 VS Nikon D5100のレビュー

    Nikon D3200とNikon D5100を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場…
  2. 【撮った写真で比較レビュー】Canon EOS Kiss X50 VS Canon EOS Kiss X6iのレビュー

    Canon EOS Kiss X50とCanon EOS Kiss X6iを徹底比較します。まずは基…
  3. 【撮った写真で比較レビュー】Nikon D5200 VS Nikon D7000のレビュー

    Nikon D5200とNikon D7000を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場…
  4. 【撮った写真で比較レビュー】Canon EOS 7D VS Canon EOS Kiss X7iのレビュー

    Canon EOS 7DとCanon EOS Kiss X7iを徹底比較します。まずは基本スペックで…
  5. 【撮った写真で比較レビュー】Canon EOS Kiss X70 VS Nikon D3200のレビュー

    Canon EOS Kiss X70とNikon D3200を徹底比較します。まずは基本スペックで比…

ピックアップ記事

  1. Nikon D3200とNikon D5100を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場…
  2. Canon EOS Kiss X50とCanon EOS Kiss X6iを徹底比較します。まずは基…
  3. Nikon D5200とNikon D7000を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場…
  4. Canon EOS 7DとCanon EOS Kiss X7iを徹底比較します。まずは基本スペックで…
  5. Canon EOS Kiss X70とNikon D3200を徹底比較します。まずは基本スペックで比…

新着情報

  1. 【撮った写真で比較レビュー】Nikon D3200 VS Nikon D5100のレビュー

    Nikon D3200とNikon D5100を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場…
  2. 【撮った写真で比較レビュー】Canon EOS Kiss X50 VS Canon EOS Kiss X6iのレビュー

    Canon EOS Kiss X50とCanon EOS Kiss X6iを徹底比較します。まずは基…
  3. 【撮った写真で比較レビュー】Nikon D5200 VS Nikon D7000のレビュー

    Nikon D5200とNikon D7000を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場…

ランダム記事

  1. Canon EOS Kiss X70とNikon D5200を徹底比較します。まずは基本スペックで比…
  2. CanonEOS 60DとNikon D3100を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの…
  3. NikonのD3000シリーズの3代目として2012年に発売されたモデルです。発売日:2012年 5…
  4. Nikon D3300とCanon EOS 7D MarkⅡを徹底比較します。まずは基本スペックで比…
  5. Nikon D5100とCanon EOS Kiss X5を徹底比較します。まずは基本スペックで比較…

固定ページ

ページ上部へ戻る