【撮った写真で比較レビュー】Nikon D3000 VS Canon EOS Kiss X7のレビュー

Nikon D3000とCanon EOS Kiss X7を徹底比較します。

まずは基本スペックで比較

※スマホの場合、はみ出しますので横スクロールできます。

機種 Nikon D3000 Canon EOS Kiss X7
レンズマウント ニコンFマウント キヤノンEFマウント
画素数 1075万画素(総画素)1020万画素(有効画素) 1800万画素(有効画素)
撮像素子  APS-C23.6mm×15.8mmCCD& APS-C22.3mm×14.9mmCMOS&
撮影感度 標準:ISO100~1600拡張:ISO3200 標準:ISO100~12800拡張:ISO25600
連写撮影 3 コマ/秒 4 コマ/秒
シャッタースピード 1/4000~30 秒 1/4000~30 秒
撮影枚数   ファインダー使用時:480枚液晶モニタ使用時:160枚
記録メディア SDHCカードSDカード SDHCカードSDカードSDXCカード
ライブビュー   
自分撮り機能     
GPS     
動画記録画素数   フルHD(1920×1080)
幅x高さx奥行き 126x97x64 mm 116.8×90.7×69.4 mm
重量 485 g 370 g

Nikon D3000ってどんな一眼レフカメラ?


発売日:2009年 8月28日

ポイント1 安い

2016年現在、すでに3世代後のD3300が発売されているということもあり、新品が発売されている場所は見つかりません。ただし、インターネットサイトでは中古のボディーが1万円前半で売っている場合もあります。中古とはいえ、デジタル一眼レフカメラとしては破格の値段です。

ポイント2 初心者に使いやすい

古いモデルというと、「あまり初心者向けではないのでは?」と思われる方も多いと思います。

ただし、古くてもD3000には、Nikonの最新シリーズと同じくガイドモードが搭載されており、液晶画面を見ながら撮り方を調べることができます。シーン別の撮影方法や、ぼかしなどのテクニックの使い方もこのガイドモードで調べることができます。

また、ボディー背面のヘルプボタン[?]を押せばすぐにヘルプ画面が表示され、設定についての説明文を読めます。ホワイトバランス、ISOなどどう設定したらいいかなど、ヘルプ画面から簡単にわかります。

ポイント3 Nikonのデジタル一眼レフカメラとしての最低限の機能は入っている

古いエントリーモデルといえども、世界のNikonが発売したデジタル一眼レフカメラです。デジタル一眼を楽しめる機能はしっかり入っています。新しい一眼を購入しても、D3000は手元に置いているという口コミもちらほら見受けます。さすが人気のD3000シリーズの初代機ですね。

エントリーとしてこのカメラを選ぶ人へのアドバイス

他の機種と比べたときに、中古の値段以外に選ぶ理由はほとんどありません。ですが、初心者でも使いやすく、最低限のデジタル一眼の機能は備えていますので、まず始めてみたいという方にはお勧めできます。

状態が良く安い中古機が出て来れば、デジタル一眼を経験してみたいとか、使ってみて自分の合うセカンドを考えたいという方は買うべきかもしれません。

ただし、今では当然のようについているライビュー機能(ファインダーをのぞかなくても液晶画面を見ながら撮影できる機能)が付いていないですので、そこは頭に入れておいた方がいいでしょう。それでも、ファインダーで撮るのも一眼の醍醐味、そんなところを楽しむのもいいと思います。

セカンドとしてこのカメラを選ぶ人へのアドバイス

最近のカメラと異なるCCDセンサーを搭載しているということがメリットになります。デジタル一眼レフカメラはCMOSセンサーが主流になっていますが、CCDは青空の微妙な色の変化などを描出するにはCMOSより優れていると言われています。

青空撮影のためだけにD3000を残しているという方もいらっしゃいますので、青空撮影用にセカンドをというならこの機種はお勧めです。

総合評価

見た目のよさ、質感 軽さ、コンパクトさ
画像の精細さ、ノイズの少なさなど 手ぶれ補正、撮影モードなど
メニュー操作・設定のしやすさ 液晶画面は見やすいか
バッテリーの持ちはよいか しっかりホールドできるか

Nikon D3000で撮影した写真集

Something is wrong.
Instagram token error.
Load More

※価格は最新ではありません。数万円単位で安くなっていることが多々ありますので必ずAmazonサイトで確認してください。

利用者レビュー

購入から3年経ちました

評価:
初めて買った一眼です。購入から3年経ちましたがまだまだ現役です。【デザイン】特に安っぽいということもなく十分だと思います。【画質】これは…よくも悪くもCCDといったところでしょうか。同じようなレンジのカメラでもCMOSとくらべてしまうと暗所性能はやはり一弾格下になってしまうと思います。しかし明るい日光の下では素晴らしい絵が取れると思います。最近はキットレンズは外して明るい単焦点でその辺りは補って使っています。【操作性】特に問題なし。初めての一眼がこれなのでこれでなれました。【バッテリー】400枚程度では切れないと思います。必要十分。【携帯性】一眼ではかなり軽量のモデルで携帯性◎軽い単焦点との相性がいいです。【機能性】上位機種と比べて、ISOを1/3段ずつ上げられないのが最近の悩み。動画もとれませんしバリアングル、ライブビューなどもついていませんがその辺りはあまり重視していません。【液晶】屋外では若干見にくいことも。【ホールド感】問題なし。【総評】初めての一眼ということもあり、これで色々学ばせてもらいました。一番の問題はやはり暗所性能と常用ISOが1600までしか無いことでしょうか。実質的には800くらいまでが限界で、やはり室内では明るいレンズでSS稼ぐか三脚の使用、フラッシュ使用などの工夫が必要かと思います。しかしそれを補って余りあるコストパフォーマンスの高さは健在で、今後フルサイズ機を買ったとしてもこいつは手元に残しておきたいと考えています。カメラは本体よりもレンズが重要派なので、このカメラもシャッターが壊れるまで使って、次の機種にステップアップしようと思います。

さようならD3000スペシャルキット♪

評価:
もう二度と手に入らないかもしれないCCD一眼レフD3000+VR18-55+VR55-300を手放しました(^_^;)デザイン…D40&D60から微妙に進化していてもほとんど変わらずの可愛さ満点っす画質…低感度最高~♪操作性…もう慣れすぎっすバッテリー…持つ持つ♪携帯性…リトルニコンすからもちろんいいっす(^O^)機能性…良い写真は撮れます!良いカメラっすから液晶…撮れてるか白とびしすぎてないかの確認だけっすし、日中昼間はどれでも見にくいっすから満足っすホールド感…ハクバのカメラアーマーつけてたんで良かったっすよ。慣れるまでゴムっぽくて大変でしたが満足度…AFも9点になってD60より動き物に強くなって使いやすかったっす~本当はD60あげようかと思ってたんすが、弟夫婦がかなーり古いデジタル一眼しか持ってないっつーので、甥っ子可愛さにD3000をくれてあげたっすD60じゃ子供追いかけるの大変っすもんねいっぱい撮って、爺婆に見せてやってくれとんな訳でこれからはまたD40&D60で楽しみます♪

最近のカメラとは違う味

評価:
D50、D40などとならんで家に転がっていたのでよく使っておりました。【デザイン】従来通り。無難でいいと思います。【画質】高感度は弱いので室内でほかの機種を使ってました。屋外ではハッキリした写真が撮れるのが特徴的です。風景にはいいですね。【操作性】歴代エントリー機と大きく変わることがないため特筆するところはありません。タイマーボタンに設定はできますが、エントリー機にISOの独立ボタンがあればいいのになーといつも思います。【バッテリー】日帰り旅行で困ったことはありません。【携帯性】エントリー機なので小さく軽いですね。【機能性】エントリーユーザーには嬉しいガイド付き。【液晶】見にくかったです。解像度が足りませんでした。【ホールド感】意外と持ちやすい。【総評】たまに過去にこのカメラで撮った写真を振り返ると、もう一度購入しようかなという気になります。

※価格は最新ではありません。数万円単位で安くなっていることが多々ありますので必ずAmazonサイトで確認してください。

Canon EOS Kiss X7ってどんな一眼レフカメラ?


発売日:2013年 4月24日

ポイント1 とにかく軽量!

この機種の特徴は、とにかく「小型で軽量」であるということです。2015年2月のキャノン調べでは、APS-Cサイズ(エントリーモデルのデジタル一眼レフカメラに標準的サイズ)のデジタル一眼レフカメラでは、世界最小・最軽量をうたっています。

なんとボディの重さが370g(500g以下であれば十分軽量です)、厚さも7㎝以下となっています。持ち運びが便利であればその分活躍するシーンが増えます。デジカメに近い感覚で持ち運べるので、特に初心者の方には非常にお勧めです。

ポイント2 タッチパネル機能で簡単にピント合わせ

最近発売されたCanonのエントリーモデルは、ライブビュー機能という液晶モニターに被写体を映して撮影できる機能(ファインダーを覗く必要のない機能)がついていますが、その液晶画像をタッチすることで、簡単に目的のものへピントを合わせることができます。

マニュアルでピントを合わせる人には必要がありませんが、ライブビュー撮影を使うときはオートフォーカスで撮影することが多く、このタッチパネルによるピント合わせは非常に有用なツールです。

ポイント3 さまざまな表現を楽しめる

さまざまな機能により、面白い表現が楽しめます。

例えば、ビデオスナップ機能。これは2~8秒の短い動画を何回か撮影し、それをつなぎ合わせたビデオスナップを作ってくれる機能です。この機能を使うことで、だらだらした動画ではなく、見ていて楽しいテンポのある動画が撮れます。パソコンを使ってBGMを入れればショートムービーのような動画が楽しめます。

他にも、撮影した動画がミニチュア撮影をしたような動画になるジオラマ風動画や、7種の静止画フィルター(油絵風・水彩風・ラフモノクロ・トイカメラなど)など、楽しいモードがたくさんあります。

エントリーとしてこのカメラを選ぶ人へのアドバイス

このカメラはとにかく「小さく軽い」ということが一番のポイントです。ですので、デジカメに近い感覚で、持ち歩きを重視する人には第一選択としてお勧めしたいモデルです。

もちろん、デジタル一眼カメラとして十分な基本性能や機能を有しています。標準レンズとズームレンズの付いたダブルレンズキットでも4万円台で買えるというお買い得な点もエントリーとしてはお勧めです。

セカンドとしてこのカメラを選ぶ人へのアドバイス

やはり小さくて軽いので、お散歩カメラ用に一台ほしいという人にはお勧めです。基本性能はしっかりしていますが、特に何かに優れているというカメラではないので、サイズ以外にセカンドとして選ぶ理由はほとんどないでしょう。

総合評価

見た目のよさ、質感 軽さ、コンパクトさ
画像の精細さ、ノイズの少なさなど 手ぶれ補正、撮影モードなど
メニュー操作・設定のしやすさ 液晶画面は見やすいか
バッテリーの持ちはよいか しっかりホールドできるか

Canon EOS Kiss X7で撮影した写真集

Something is wrong.
Instagram token error.
Load More

※価格は最新ではありません。数万円単位で安くなっていることが多々ありますので必ずAmazonサイトで確認してください。

利用者レビュー

小型軽量&高感度

評価:
Kiss-X4からの機種変で購入。(添付写真参照)ポイントは機材の小型軽量化に加えDIGIC5による高感度撮影への期待です。登山と絡め星撮りをするので機材の軽量化は正義。本当はバリアングルが有るとラクなんですが軽量化は正義っ!ホールド性は小さ過ぎてダウン。が、X4が持ちやすかったワケでも無いのでコンデジを持ってると思えば耐えられます。バッテリーが小さくなったので持ちがチト心配ですが、どうにかなるでしょ。シャッター音が静かになりました。さらに静音モードまであるそうです。Wi-Hi機能が欲しかったけど軽量化は正義っっ!データ転送はフラッシュエアーで耐えます。部分的には、メイン機材の5D-mk2のスペックも超えてるのでこのカメラの出番が多くなりそうです。

山へ持って行くように購入

評価:
【デザイン】デジイチらしいデザイン。小さくて軽くて良い。【画質】レンズは、マクロ用のEF-S60mm F2.8を使用。高山の花や景色をキレイに撮りたくて、これ一本で入山。デジイチはピントがしっかりあい後で見てもガッカリする事は少ない。【バッテリー】2泊3日で行った、こまめに切るようにしていたので十分もったけど、予備電池は購入予定。【携帯性】コンパクトデジカメと比べると重くかさばるけど写真に失敗が減り、画像も美しく良い。【液晶】普通。【ホールド感】普通【総評】高山でしか会えない、イワツメクサの花が好きでそのためにデジイチを持って行くようなものだけど楽しく撮れて、山へ持って行くにはベストと思う。

エントリー機にしては十分すぎる機能

評価:
標準レンズだけでも十分楽しめる、エントリーモデル思えないほど機種なので購入悩んでいる方の参考になればと思い再レビューします。【デザイン】丸みを帯びたコンパクトのデザインは好き嫌い別れそうですが好感がもてます。【画質】エントリークラスだと思って使っていましたが、十分すぎるぐらいの高画質、トリミングしても十分鑑賞に堪えられます。【操作性】コンパクトで操作性が犠牲になるところもありますが、液晶のタッチパネル操作よく考えあれたボタン操作もあり、エントリー機にしては十分すぎると思います。【バッテリー】冬の寒い時期は予備バッテリーが複数個欲しいくらい持ちが悪くライブビューするとバッテリーの減りが激しいので、予備バッテリーを用意した方がいいと思います。【携帯性】デジイチを気軽に持ち出せる軽さと機動性、長時間手持ち撮影でも重さを感じることなく満足しています。【機能性】エントリーモデルとしては扱いやすく十分すぎる機能、一部省かれている機能もありますがそこは割り切って使っています。【液晶】液晶はきれいで見やすく、タッチパネルがあることで、エントリークラスでありがちな操作性を犠牲にせずに使えます。【ホールド感】男性にしては手が大きい方でないので十分ホールドしやすいですが手が大きい方が使うとホールドしにくく感じられるかもしれません。【総評】ファーストインプレッションから約1年半、旧型のEF-S55-250mmのレンズが増えた事で沼の入り口に。(純正3本と便利ズーム1本が増えました。)当初は購入目的で候補になかったのですが、鳥や飛行機などの動き物にを除けば初心者に十分すぎる機能にEOS70Dの出番が減りました。長時間手持ちでの撮影なるとEOSKissX7の軽さと機動性が上回っています。バッテリーの持ちに多少不満は残りますが最近撮影するのが楽しくなりつつあるムーンリポートになくてはならない存在になりました。

※価格は最新ではありません。数万円単位で安くなっていることが多々ありますので必ずAmazonサイトで確認してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 【撮った写真で比較レビュー】Nikon D3200 VS Nikon D5100のレビュー

    Nikon D3200とNikon D5100を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場…
  2. 【撮った写真で比較レビュー】Canon EOS Kiss X50 VS Canon EOS Kiss X6iのレビュー

    Canon EOS Kiss X50とCanon EOS Kiss X6iを徹底比較します。まずは基…
  3. 【撮った写真で比較レビュー】Nikon D5200 VS Nikon D7000のレビュー

    Nikon D5200とNikon D7000を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場…
  4. 【撮った写真で比較レビュー】Canon EOS 7D VS Canon EOS Kiss X7iのレビュー

    Canon EOS 7DとCanon EOS Kiss X7iを徹底比較します。まずは基本スペックで…
  5. 【撮った写真で比較レビュー】Canon EOS Kiss X70 VS Nikon D3200のレビュー

    Canon EOS Kiss X70とNikon D3200を徹底比較します。まずは基本スペックで比…

ピックアップ記事

  1. Nikon D3200とNikon D5100を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場…
  2. Canon EOS Kiss X50とCanon EOS Kiss X6iを徹底比較します。まずは基…
  3. Nikon D5200とNikon D7000を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場…
  4. Canon EOS 7DとCanon EOS Kiss X7iを徹底比較します。まずは基本スペックで…
  5. Canon EOS Kiss X70とNikon D3200を徹底比較します。まずは基本スペックで比…

新着情報

  1. 【撮った写真で比較レビュー】Nikon D3200 VS Nikon D5100のレビュー

    Nikon D3200とNikon D5100を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場…
  2. 【撮った写真で比較レビュー】Canon EOS Kiss X50 VS Canon EOS Kiss X6iのレビュー

    Canon EOS Kiss X50とCanon EOS Kiss X6iを徹底比較します。まずは基…
  3. 【撮った写真で比較レビュー】Nikon D5200 VS Nikon D7000のレビュー

    Nikon D5200とNikon D7000を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場…

ランダム記事

  1. Canon EOS Kiss X70とNikon D5500を徹底比較します。まずは基本スペックで比…
  2. CanonEOS 70DとCanon EOS Kiss X8iを徹底比較します。まずは基本スペックで…
  3. Nikon D5500とCanon EOS Kiss X5を徹底比較します。まずは基本スペックで比較…
  4. Nikon D3000とCanon EOS Kiss X7を徹底比較します。まずは基本スペックで比較…
  5. Nikon D7200とNikon D3000を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場…

固定ページ

ページ上部へ戻る