【撮った写真で比較レビュー】Nikon D3300 VS Nikon D610のレビュー

Nikon D3300とNikon D610を徹底比較します。

まずは基本スペックで比較

※スマホの場合、はみ出しますので横スクロールできます。

機種 Nikon D3300 Nikon D610
レンズマウント ニコンFマウント ニコンFマウント
画素数 2478万画素(総画素)2416万画素(有効画素) 2466万画素(総画素)2426万画素(有効画素)
撮像素子  APS-C23.5mm×15.6mmCMOS& フルサイズ35.9mm×24mmCMOS&
撮影感度 標準:ISO100~12800拡張:ISO25600相当 標準:ISO100~6400拡張:ISO50相当、25600相当
連写撮影 5 コマ/秒 6 コマ/秒
シャッタースピード 1/4000~30 秒 1/4000~30 秒
撮影枚数 ファインダー使用時:700枚 ファインダー使用時:900枚
記録メディア SDHCカードSDカードSDXCカード SDHCカードSDカードSDXCカード
ライブビュー 
自分撮り機能     
GPS     
動画記録画素数 フルHD(1920×1080) フルHD(1920×1080)
幅x高さx奥行き 124x98x75.5 mm 141x113x82 mm
重量 410 g 760 g

Nikon D3300ってどんな一眼レフカメラ?


発売日:2014年 2月 6日

ポイント1 とっても軽い

バッテリーなどを含めたボディーの重さは約460gです。デジタル一眼レフカメラの中で、バッテリー込みで500ℊを切るというものはなかなかありません。500mlのペットボトル飲料よりも軽いと考えていただければわかりやすいと思います。

上位機種のD5300と比べて約70ℊ軽く、前モデルであるD3200と比べても約25g軽くなり、さらに使いやすくなっています。重くて持ち運びが面倒になってしまうと、出かける時に「持って行こう」とならなくなってしまいます。軽さは非常に重要ですね。

ポイント2 お買い得

カメラのボディーに標準レンズが付いたレンズキットが、4万円台前半で購入が可能です。上位機種ではありますが、機能にそれほど大きな違いのないと比べ約1万円安いというのは、かなりお買い得だと思います。

1日ジュース1本を我慢すれば、1年で購入できます。4万円くらいで始められる本格デジタル一眼レフカメラがあるというのはうれしいですね。

ポイント3 必要な機能はそろっている

Nikonのデジタル一眼らしく、しっかりとした機能が入っています。有効画素数2416万画素、ISO感度120-12800、高速連続撮影5コマ/秒、液晶パネル、ガイドモードなど初心者がデジカメを始めるうえで必要な機能と高画質写真が撮れる性能を兼ね備えています。

ちなみにISOとは光の感度を調節するもので、大きくなればなるほど感度が高くなり、暗所でも写真を撮れるようになります。コンデジでは最大値が1600~3200程度であるものが多いです。

他にも、ゆがみ補正やオートホワイトバランス、シーン選択(スポーツや風景など)などの便利な機能や白黒、ミニチュア効果など楽しい画像編集機能もついています。

エントリーとしてこのカメラを選ぶ人へのアドバイス

まさにエントリーとはこういうものだというカメラになります。ポイントに書いた通り、初心者に必要な機能がすべてそろった、軽くて値段もリーズナブルな1台です。

Wi-Fi機能はついていませんので、Wi-Fi機能が欲しい方には、少し値段は上がりますが、D5300の方を買われるか、別売のワイヤレスモバイルアダプタを買う必要があります。

また、今回は標準レンズが付いたレンズキットをお勧めいたしましたが、望遠レンズが欲しい場合は、ダブルレンズキットを買われるか、別で望遠レンズを買っていただく必要があります。レンズが豊富なNikonですので、レンズキットを買ってから考えていただいてもいいと思います。

総合評価

見た目のよさ、質感 軽さ、コンパクトさ
画像の精細さ、ノイズの少なさなど 手ぶれ補正、撮影モードなど
メニュー操作・設定のしやすさ 液晶画面は見やすいか
バッテリーの持ちはよいか しっかりホールドできるか

Nikon D3300で撮影した写真集

Something is wrong.
Instagram token error.
Load More

※価格は最新ではありません。数万円単位で安くなっていることが多々ありますので必ずAmazonサイトで確認してください。

利用者レビュー

とうとうニコンで一眼デビュー

評価:
【デザイン】 コンパクトながらニコンの形を継承してるのがGoodですね。【画質】 初心者の入門モデルながら極めて美しく表現ができて素晴らしいと思いました。【操作性】 カンタン綺麗に操作できるし出来栄えもイイ感じですよ!。【バッテリー】 まだ手にして間もないのでよく解りませんが期待値以上な予感はあります。【携帯性】 小さくて軽いので、とても使い心地が良いと思います。【機能性】 いくつかのパターンで試しているのですがマニュアルの熟読で発展途上であります(申し訳ありません)。【液晶】 まあ、カタチが小さいし観ずらくはないと無いと思います。【ホールド感】 軽すぎて手ブレが気になりますがVRレンズのお蔭で巧く写せてる気がするね。【総評】 非常に楽しく撮ることが一番という感じですね。次は撮影旅行記でレビューを追記していきたいものですね!。

初心者の味方

評価:
カメラの初心者だった自分でも簡単に扱えました!軽く、小さいので機動力はあります。ただあくまでエントリーモデルなので写真の高い質を求める場合などはもっと高いクラスのカメラをオススメいたします。

初めてのデジタル一眼(^^)

評価:
子供の卒園~入学に合わせて購入しました。皆さんのレビューや知り合いのプロの方のご意見を参考にさせていただき、Kiss7と迷いましたが、店頭で現物を触ってみてこちらを選びました。考える→撮る→見る→また考えるorタマに感動する(笑)この繰り返しが本当に楽しく、カメラにハマる方の気持ちがよ~く分かってきました(^^)バッテリーだけがやや早く上がる気がしますが、私の使い方に問題があるのかもしれません(^^;)購入後3ヶ月程度で、バッテリー以外はまだどこを不満に思うかも分からない位の初心者ですが、そんな私にとって、カメラ(一眼)の楽しさを教えてくれたのはD3300で間違いありません!

※価格は最新ではありません。数万円単位で安くなっていることが多々ありますので必ずAmazonサイトで確認してください。

Nikon D610ってどんな一眼レフカメラ?


発売日:2013年10月19日

ポイント1 12万円で楽しめる高画質フルサイズデジタル一眼

Nikon D610の最大の売りは、リーズナブルな価格で楽しめるフルサイズデジタル一眼レフカメラであるということです。エントリー~ミドルモデルでは撮像素子といわれるセンサーに、フルサイズより小さいAPS-Cサイズが使われていることが多いです。

センサーサイズは画質やボケ具合、広角撮影の機能に影響します。D610ではハイアマチュア~プロフェッショナルモデルと同じフルサイズが使われていますが、価格は比較的リーズナブルに抑えられています。画素数も2426万画素とかなり充実していますので、フルサイズが生きる高画質な画像を楽しめます。

ポイント2 ファインダー視野率100%

デジタル一眼レフカメラでは、ファインダー撮影とライブビュー撮影(液晶モニターに被写体を映して撮影する方法)が使われます。知らない人もいるかもしれませんが、ファインダー撮影では、実際に撮れる画像の端の数%を見ることのできないというカメラが多いのです。

ファインダー視野率95%ということは端の5%が見えないということですが、構図を考えるときにこの5%はかなり大きいです。一度店頭での試し撮りをされることをお勧めします。一眼レフの醍醐味であるファインダー撮影を楽しむためには重要な機能です。

ポイント3 グッドデザイン賞を受賞している

非常に機能が充実しているD610ですが、デザインも優れています。2013年のグッドデザイン賞も受賞し、機能だけでなく、見た目も楽しめるカメラです。Nikon伝統の重厚なデザインをベースに、使いやすさを考えたボタンやダイヤルの配置、手にフィットする形などの機能美はさすがの一言です。買ったらいつも持ち歩きたくなるでしょう。

エントリーとしてこのカメラを選ぶ人へのアドバイス

2013年の発売であり、徐々に価格が下がってきてはいますが、いまだ10万円を超えますので、安いとは言えません。もしお試しにというのであればお勧めいたしません。ただし、本格的にカメラを始めたい人であれば、バランスが非常によく、使いやすい機能がそろっていますので、1台目からこのカメラを選ぶのもありだと思います。

セカンドとしてこのカメラを選ぶ人へのアドバイス

フルサイズの入門機という点では文句なしだと思います。使いやすい機能としっかりした性能、リーズナブルな値段など、条件はそろっています。10年前くらいのカメラとは比べ物にならないくらい性能はアップしていますので、古いカメラからの買い替えにも非常にお勧めできるモデルです。

総合評価

見た目のよさ、質感 軽さ、コンパクトさ
画像の精細さ、ノイズの少なさなど 手ぶれ補正、撮影モードなど
メニュー操作・設定のしやすさ 液晶画面は見やすいか
バッテリーの持ちはよいか しっかりホールドできるか

Nikon D610で撮影した写真集

Something is wrong.
Instagram token error.
Load More

※価格は最新ではありません。数万円単位で安くなっていることが多々ありますので必ずAmazonサイトで確認してください。

利用者レビュー

満足です

評価:
【デザイン】Nikonらしいデザインでとても良いです。【画質】銀塩からの乗り換えですが、自分の腕、被写体等総合的にみて、今の自分には十分な画質です。【操作性】Canonからの乗り換えなので、ズームやフォーカス等、操作が逆なところがあるため、慣れるまでは使い辛いですが、ボタン類は、自分で設定できるボタンもあり、配置等も操作しやすいです。【バッテリー】一日中撮影し続けることがないため、持ちは問題ありません。【携帯性】重いので、携帯性は良くありません。が、私は、これくらいの重さが好きなので気にはなりません。【ホールド感】一般的な男性の手なら、ホールド感は良いと思います。【総評】Canonからの乗り換えですが、デジタル一眼レフにするに当たり、Canonでも、FDマウントだったため、マウントを考える必要がなく(と言うより、マウントが変わることが避けられないため)、Nikonも含め全メーカーから検討しました。結局は、レンズや、性能面、そして、予算から、D610という選択になりましたが、とても満足しています。

D610かD750か。

評価:
2014年夏に中古(150ショット)を17万円で購入しました。2015年6月で新品が18万円なので、まあこんなものですかね。D750が発売され、同じレンズキットで価格が4万円程度違うので、悩まれる方も多いのではないでしょうか?このカメラを購入して1年以上使いましたが、最近ではシグマのF1.4 50mm専用機になっています。D750のF4レンズキットが手ごろな値段なので、フルサイズ2台目購入しようかなぁと思案しているところです。【デザイン】良いです。やはり、APS-C(D5300やD3200)とは違いますね。少しクラシックな感じがします。【画質】画像処理エンジンはEXPEED3ですが、高感度耐性も高く、RAW現像すると抜群の写真が撮れます。【操作性】少し馴れが要りますが、元々、NikonのAPS-Cを使っていたので、普通です。フルサイズはCANONを使っていたので、少し勝手が違いますが、当たり前ですね。【バッテリー】良く持ちます。【携帯性】流石にフルサイズなので、気軽に持ち出せる感じではないですね。【機能性】単焦点レンズで使うのがメインのため、基本的にAモードで使っています。可もなく不可もなくといったところでしょうか。ただ、フォーカスポイントが36点なのをボロカスに書いている(D7100が51点のため)人もいますが、そういうポイント(人によってはそれが問題かどうかは異なりますが)が気になる方はD750を買うべきだと思います。【液晶】普通だと思います。見やすいです。【ホールド感】とても良い。【総評】私の場合、D610はシグマの50mm F1.4 (orNikon 20mm F1.8)で使うのがメインなのでD610で満足できています。標準ズーム(or万能ズーム)はサブのAPS-Cやm4/3を併用しています。24-85のキットか28-300のキットかで悩まれる方は、普段3倍以上のズームを使われないのであれば24-85をおすすめします。ワイド端が24ですし、高倍率ズームが欲しくなったら、後からタムの28-300や70-300を買い足せばよいと思います。題名に書きましたが、フルサイズはポンポン買い替える訳にいかないと思います。EXPEED4や51点AFなど、細かいポイントかもしれませんが、やはりD750の方が最新機種なので、迷われるのであればD750の購入をおすすめします。ただし、フルサイズ入門として購入する方が、50mm f1.8レンズ(2万円)、スピードライトSB700(3万円)をプラスで購入することを考えると、D750のレンズキットを買って予算ギリギリなら、D610に上記の2点購入した方がカメラを楽しめると思います。

フォトグラファーにスタンダード!?

評価:
【デザイン】Dfを除いて面がとれたニコン各種共通なカメラデザインが特長で、キャノンに比べ洗練されたイメージ!【画質】キャノンに比べ後から画像調整しなくてもシャドーやレンズの解像感そして高感度ノイズがある程度に確保。24-85キットレンズの組み合わせで、多少解像感が楽しめる。ニコンの画質とはこういうものかと!キャノンに比べボケ味が固くなく、ソフトな方向なニッコールレンズ。高感度はカタログのスペックに近く、拡大しなければISO6400でもと思わせる!【操作性】写真を撮る時、カメラ右上面の表示パネルを見ながら創作的に操作するので表示パネルを生かす、正統派と思わせる作り!絞り優先AUTO時、メインコマンドダイヤルがISOボタンを押しつづけなくてもISO感度の選択に。自然にダイヤルを回すとシャッター速度が変わる。スムーズな操作感から撮る楽しみが増える!(MENU項目で、d3:ISO感度表示と簡易設定をするに設定した条件で)【バッテリー】普通【携帯性】スナップにはこの位が丁度よい。多少の重さはフルサイズということで…【機能性】キャノンは全機種にLV表示の露出プレビュー機能がついていると思うが、ニコンのD610には機能がない(設定項目もない)でも操作によってそれでもと思わせる。それは暗いところではマイナス2段~3段に露出補正をすれば適正露出に!LV表示を気にせずどんどん撮り、撮影が上手になるのが正統派かもしれない。【液晶】MENU項目で明るさを便利なAUTOにすることで日中普通に見やすくなる。【ホールド感】キャノン比べ横幅をちじめようとする設計思考か、持ちやすい。【総評】フルサイズのスタンダードで丁度よい!

※価格は最新ではありません。数万円単位で安くなっていることが多々ありますので必ずAmazonサイトで確認してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 【撮った写真で比較レビュー】Nikon D3200 VS Nikon D5100のレビュー

    Nikon D3200とNikon D5100を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場…
  2. 【撮った写真で比較レビュー】Canon EOS Kiss X50 VS Canon EOS Kiss X6iのレビュー

    Canon EOS Kiss X50とCanon EOS Kiss X6iを徹底比較します。まずは基…
  3. 【撮った写真で比較レビュー】Nikon D5200 VS Nikon D7000のレビュー

    Nikon D5200とNikon D7000を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場…
  4. 【撮った写真で比較レビュー】Canon EOS 7D VS Canon EOS Kiss X7iのレビュー

    Canon EOS 7DとCanon EOS Kiss X7iを徹底比較します。まずは基本スペックで…
  5. 【撮った写真で比較レビュー】Canon EOS Kiss X70 VS Nikon D3200のレビュー

    Canon EOS Kiss X70とNikon D3200を徹底比較します。まずは基本スペックで比…

ピックアップ記事

  1. Nikon D3200とNikon D5100を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場…
  2. Canon EOS Kiss X50とCanon EOS Kiss X6iを徹底比較します。まずは基…
  3. Nikon D5200とNikon D7000を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場…
  4. Canon EOS 7DとCanon EOS Kiss X7iを徹底比較します。まずは基本スペックで…
  5. Canon EOS Kiss X70とNikon D3200を徹底比較します。まずは基本スペックで比…

新着情報

  1. 【撮った写真で比較レビュー】Nikon D3200 VS Nikon D5100のレビュー

    Nikon D3200とNikon D5100を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場…
  2. 【撮った写真で比較レビュー】Canon EOS Kiss X50 VS Canon EOS Kiss X6iのレビュー

    Canon EOS Kiss X50とCanon EOS Kiss X6iを徹底比較します。まずは基…
  3. 【撮った写真で比較レビュー】Nikon D5200 VS Nikon D7000のレビュー

    Nikon D5200とNikon D7000を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場…

ランダム記事

  1. Canon EOS 8000DとCanon EOS Kiss X7を徹底比較します。まずは基本スペッ…
  2. Nikon D3300とCanon EOS 7Dを徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの…
  3. Nikon D3000とNikon D5100を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場…
  4. Canon EOS 6DとCanon EOS Kiss X5を徹底比較します。まずは基本スペックで比…
  5. Canon EOS Kiss X80とNikon D5000を徹底比較します。まずは基本スペックで比…

固定ページ

ページ上部へ戻る