【撮った写真で比較レビュー】Nikon D5100 VS Canon EOS Kiss X7のレビュー

Nikon D5100とCanon EOS Kiss X7を徹底比較します。

まずは基本スペックで比較

※スマホの場合、はみ出しますので横スクロールできます。

機種 Nikon D5100 Canon EOS Kiss X7
レンズマウント ニコンFマウント キヤノンEFマウント
画素数 1690万画素(総画素)1620万画素(有効画素) 1800万画素(有効画素)
撮像素子  APS-C23.6mm×15.6mmCMOS& APS-C22.3mm×14.9mmCMOS&
撮影感度 標準:ISO100~6400拡張:ISO25600相当 標準:ISO100~12800拡張:ISO25600
連写撮影 4 コマ/秒 4 コマ/秒
シャッタースピード 1/4000~30 秒 1/4000~30 秒
撮影枚数 ファインダー使用時:660枚 ファインダー使用時:480枚液晶モニタ使用時:160枚
記録メディア SDHCカードSDカードSDXCカード SDHCカードSDカードSDXCカード
ライブビュー 
自分撮り機能     
GPS     
動画記録画素数 フルHD(1920×1080) フルHD(1920×1080)
幅x高さx奥行き 128x97x79 mm 116.8×90.7×69.4 mm
重量 510 g 370 g

Nikon D5100ってどんな一眼レフカメラ?


発売日:2011年 4月21日

ポイント1 初代D5000から進化したスペック

Nikonのデジタル一眼レフカメラのエントリーモデルとして、D3000の上位機種として発売されたD5000の進化版になります。

高い連射機能(4コマ/秒)やライブビュー機能(ファインダーをのぞかなくても液晶画面で確認しながら撮影できる機能)、オートモードなどの、便利で初心者に優しい機能を引継ぎつつも、機能有効画素数1620万画素、ISO(カメラが光を受け取る能力)6400と、D5000よりも高性能になっています。

豊富なエフェクトモードなど、写真撮影や編集を楽しめる機能も詰まっており、エントリーモデルとしては、オールマイティな一台と言ってもいいでしょう。

ポイント2 バリアングル(可動性の液晶画面)

D5000シリーズの特徴の可動性の液晶画面が様々な撮影シーンで活躍します。

わんちゃん、猫ちゃんの目線に合わせて写真を撮りたい時も、観光スポットの人ごみの中で上から撮影する時も、液晶画面のアングルを変えることで、無理な体勢をとらなくても、液晶画面で確認しながら写真が撮れます。

また、バリアングル液晶を使えば、いい感じの背景を探して、ボケの程度も調節しながらの自撮りができます。こういった便利で高頻度に使う機能が付いているのは、D5000シリーズならではの強みです。

ポイント3 軽い

バリアングルの液晶を持つため、D3000シリーズよりややサイズが大きいD5000シリーズなのですが、D5100のボディーはD5000より1割以上軽くなって510gです。同じシリーズでの2モデル新しいD5300(480g)と比べてもほとんど重さは変わりません。

500mlのペットボトルと同じ重さで、これだけの性能のついたデジタル一眼レフカメラを持てるというのはうれしいですね。

エントリーとしてこのカメラを選ぶ人へのアドバイス

最新モデルであるD5300やD5500に比べると全体的には劣ります。この機種を選ぶ理由は中古で価格が安く、ライブビュー機能の付いたバリアングル液晶を楽しめる機種であるという点です。中古のレンズキットであれば4万円弱で買うことが可能です。

しかし、D5500が発売されたことによって、D5100の次のモデルであるD5200は新品でもレンズキットが4万円台まで落ちてきています。1万円も違わないのであれば、D5100の中古よりD5200の新品の方が絶対にお買い得でしょう。

運よく安価で状態がいい中古機があった場合に、購入を考えるというくらいの方がいいと思います。エントリー機としては十分な性能は備えています。

総合評価

見た目のよさ、質感 軽さ、コンパクトさ
画像の精細さ、ノイズの少なさなど 手ぶれ補正、撮影モードなど
メニュー操作・設定のしやすさ 液晶画面は見やすいか
バッテリーの持ちはよいか しっかりホールドできるか

Nikon D5100で撮影した写真集

Something is wrong.
Instagram token error.
Load More

※価格は最新ではありません。数万円単位で安くなっていることが多々ありますので必ずAmazonサイトで確認してください。

利用者レビュー

D40には及ばないが、使いやすい良機種。

評価:
スナップ撮影のメインカメラとして約2年半使ったので、再レビュー。D5100での撮影対象は仕事での人物スナップ9割、その他簡単な風景スナップなどです。人物スナップとはいえ、速写性の求められる場面も多い撮影です。【デザイン】デザインは良いが、実際に持つと質感がかなり安っぽいと初めは思った。手に馴染むほど使いこなした現在は気にならない。ただ、使用数ヶ月で右手で握る部分(SDカードスロットのフタ部分)やその周りのプラ部分がテカテカになるのは何とかして欲しい。使用数ヵ月で汚ならしくなるのは残念だし、下取りに出す際や、ヤフオクなどで売却する際も値段が付きにくくなる。この辺の材質やデザインに関して、Nikonにはこれからの機種でよ~く考えて欲しい。【画質】高感度は期待ほどではなく、D300と同等かチョッと良い程度。実用でISO1600がMAX。普通は800まで。【操作性】シャッターボタン手前のボタンは3つもあると迷う。D40と同じ2つで良い。ライブビューへの切り替えレバー&動画撮影開始ボタンはD7000、D3100と同じ背面のほうが良い。その他は操作性に問題は無い。2ダイヤル式のほうが使いやすいとの意見が多いが、それはカメラを使いこなしていない証拠。D5000系やD3000系の1ダイヤル式は、慣れればこちらのほうが(撮影モードがMであろうと、どのモードであろうと)絶対に使いやすい。断言出来る。特にバリアンのD5000系は、ほとんどの操作を右手で出来てしまうのは便利。【バッテリー】Nikon機なので、もちは良いかと思ったがあまり良いとは言えない。D300やD7000よりももちは悪い。このカメラに限らずだが、予備バッテリー1個は必要。【携帯性】小型で良い。「ボディの質感が安っぽく艶消しなので擦れてキズが付きそう」と以前書いたが、擦れ傷はほとんど付かなかった。ただし、前述のように手の当たる各部がテカって来るのは、何とかして欲しい。【機能性】オマケ機能のEffectsモードなどは普段忘れていて、実際にはほぼ使わない。多機能機にありがち。【液晶】3インチ92万ドットだが、D300やD7000よりは少し劣るように感じる。ただ、D3100の御粗末な背面液晶モニターと違って、D5100の背面液晶モニターは撮影後のピント確認もちゃんと出来るので問題ない。【AF】そんなに速くない。D40より遅いと感じる時もあり。これは広角18mm(換算28mm)くらいでAFポイントを自動選択にしている時、カメラが手前の人物(距離80cm位)にピンを合わせに行った時などに感じた。また、とても見づらいAFフレームで(特に暗所で見づらい)、AFポイントが多いので何かの拍子に「任意のAFポイント」がズレていて気付かないで撮影し、思ったところにピントが合っていないという失敗がD5100では度々起こる。(ピントの中抜けなど)これはD40では無かった事。この見づらい多点AFフレームは何とかして欲しい。(と、意見を出したらD5200で改善された。)気楽に失敗無く撮れることが、このクラスのカメラのコンセプトなのに、これでは価値が半減。よって、初心者はAFポイント自動選択で使うのが好ましいが、任意選択をしたい人にとってはこの点は意外に厄介だと思う。【露出】概ね良好。マルチパターン測光で、大外しはほとんど無い。Nikon機らしく、ストロボの調光精度も高い。キヤノン機のようにストロボでオモイッキリ白飛び!ということは皆無。普通に使うぶんには9割8分当たる。(内蔵ストロボ使用時も同等。)ただ、調光精度は高いが、素人目には多少控えめ(ストロボ光が弱め)に感じるかも。新しいSB-910使用時は特に暗めな調光になる気がする。【その他】絵作りは現在の機種らしく少し派手。D300の渋い画像に慣れている人は違和感を感じるかも。D40の派手さとはまた違う。特にグリーン系の色がわざとらしい感じがする。ピクチャーコントロールは「ニュートラル」にすると比較的大人しい画になり、撮影後の画像加工もしやすい。バリアングルはオマケと思って、期待しないほうが良い。スナップ撮影で、例えば運動会で人垣の上に手(カメラ)を伸ばしてバリアン撮影・・などというのは、ほぼ上手くいかないと思って良い。自分も何度も試しているが、かなり慎重に広角で撮らないとまともな画は撮れない。望遠では、まず使えない。それは、ライブビュー時のAFの遅さと迷いによってという事もあるが、何故かどこにもピントの来ていない画が撮れたりもする。これならノーファインダーで普通に撮ったほうが全然マシ。花撮りなど、落ち着いて撮る場合は多少良いのかも知れないが、ライブビューAFの遅さと迷いは致命的。最後に、ハッキリ言ってしまえば、素人でも玄人でもD5100よりD40で撮るほうが、確実に失敗の少ない写真が撮れると思う。中級機並みのスペックを持つ入門機などと言われるD5100だが、余計な機能(実用的でないライブビューや見にくい多点AFポイント、不要な高画素化など)が付いただけで、旧機種のD40より使いにくくなった。一眼デビューの人や、サブカメラの欲しい人で余計な機能や高画素は不要と割り切れる人、予算が少ない人は、今更感はあるがヤフオクなどでD40を安く買ったほうが、幸せになれる。(D40はそれほどの名機。)D40で画素数不足を感じる人や動画機能がどうしても欲しい人、D40では今更感をどうしても感じる人はD5100を選べば良い。不要な機能も満載のD5100だが、基本機能はしっかりしていて小型で故障も少ないので、スナップ撮影の仕事にも十分メインで使えるカメラだ。

D5100の採点です

評価:
約6ヶ月経ってD5100の感想です。・デザイン・ お仲間のD3300とデザインがほぼ一緒なので、文句のつけようが無いです。・画質・ D3300と同じ・・・としか見れませんね。滝を撮ると、もしかしてD5100の方が・・・は冗談です。・操作性・ これも文句無し!・バッテリー・ これも文句無しです。・携帯性・ 驚愕の軽さ、D3300と同じ・・・とまではいきませんが、充分軽いです。・機能性・ 手振れ補正は実に良いですね。D3300と区別がつきません。・液晶・ バリアングル液晶があったので買いましたが、面白いです!アングルの多い撮影の時はD5100で!・ホールド感・ 文句無しです。満足度は5です。バリアングル液晶は実に楽しめますね。D3300と共に「一生モノ」でいきましょう!

今さらですがレビューです。

評価:
このカメラ、まだ売ってるんですね。おととしの暮れ、D5200が出る2日前に標準ズームレンズ付きのD5100を38800円で買いました。元々D40で花の接写を主に撮ってたんですけど、D700に変えました。さぞ素晴らしい画が撮れるだろうと思ったんですが、それほどでもありませんでした。手放したD40が恋しくて恋しくて、悶々とした日々を過ごしていました。やっぱりAPS-Cだとの想い耐えがたく、CCDではありませんが特価のこのカメラを購入した次第です。ちなみにD7000でもよかったのですが、D40を手放した時にアングルファインダーのDR-6も一緒に二束三文で売ってしまったので、今さら同じものをまた買うのもと思って、バリアングル液晶付きのこのカメラにしました。結果、大正解でした。普段はタムロンの90mm付けっぱなしですけど、軽いのでDfのサブとして(Dfも軽いんですが)16~35mmF4付けて持ち出すことも多いです。デザイン私は気に入ってます。画質私の撮影用途では問題ありません。操作性入門機ですからそれなりですけど、不便というほどではありません。バッテリー液晶を多用しなければ充分もちます。携帯性重いカメラだと、私の使っている接写用の低い三脚で前につんのめらないか、いつも気にしたのですが、軽いことはいいことです。機能性必要にして充分です。液晶老眼気味なので便利です。ホールド感小さいですけど、それに私の手は大きいですけど、問題なくホールドできます。発売間もないD5300の2400万画素も魅力的です。もう1年も経ったらD5400が出るでしょうが、その時安くなったD5300に浮気しちゃおうかな。

※価格は最新ではありません。数万円単位で安くなっていることが多々ありますので必ずAmazonサイトで確認してください。

Canon EOS Kiss X7ってどんな一眼レフカメラ?


発売日:2013年 4月24日

ポイント1 とにかく軽量!

この機種の特徴は、とにかく「小型で軽量」であるということです。2015年2月のキャノン調べでは、APS-Cサイズ(エントリーモデルのデジタル一眼レフカメラに標準的サイズ)のデジタル一眼レフカメラでは、世界最小・最軽量をうたっています。

なんとボディの重さが370g(500g以下であれば十分軽量です)、厚さも7㎝以下となっています。持ち運びが便利であればその分活躍するシーンが増えます。デジカメに近い感覚で持ち運べるので、特に初心者の方には非常にお勧めです。

ポイント2 タッチパネル機能で簡単にピント合わせ

最近発売されたCanonのエントリーモデルは、ライブビュー機能という液晶モニターに被写体を映して撮影できる機能(ファインダーを覗く必要のない機能)がついていますが、その液晶画像をタッチすることで、簡単に目的のものへピントを合わせることができます。

マニュアルでピントを合わせる人には必要がありませんが、ライブビュー撮影を使うときはオートフォーカスで撮影することが多く、このタッチパネルによるピント合わせは非常に有用なツールです。

ポイント3 さまざまな表現を楽しめる

さまざまな機能により、面白い表現が楽しめます。

例えば、ビデオスナップ機能。これは2~8秒の短い動画を何回か撮影し、それをつなぎ合わせたビデオスナップを作ってくれる機能です。この機能を使うことで、だらだらした動画ではなく、見ていて楽しいテンポのある動画が撮れます。パソコンを使ってBGMを入れればショートムービーのような動画が楽しめます。

他にも、撮影した動画がミニチュア撮影をしたような動画になるジオラマ風動画や、7種の静止画フィルター(油絵風・水彩風・ラフモノクロ・トイカメラなど)など、楽しいモードがたくさんあります。

エントリーとしてこのカメラを選ぶ人へのアドバイス

このカメラはとにかく「小さく軽い」ということが一番のポイントです。ですので、デジカメに近い感覚で、持ち歩きを重視する人には第一選択としてお勧めしたいモデルです。

もちろん、デジタル一眼カメラとして十分な基本性能や機能を有しています。標準レンズとズームレンズの付いたダブルレンズキットでも4万円台で買えるというお買い得な点もエントリーとしてはお勧めです。

セカンドとしてこのカメラを選ぶ人へのアドバイス

やはり小さくて軽いので、お散歩カメラ用に一台ほしいという人にはお勧めです。基本性能はしっかりしていますが、特に何かに優れているというカメラではないので、サイズ以外にセカンドとして選ぶ理由はほとんどないでしょう。

総合評価

見た目のよさ、質感 軽さ、コンパクトさ
画像の精細さ、ノイズの少なさなど 手ぶれ補正、撮影モードなど
メニュー操作・設定のしやすさ 液晶画面は見やすいか
バッテリーの持ちはよいか しっかりホールドできるか

Canon EOS Kiss X7で撮影した写真集

Something is wrong.
Instagram token error.
Load More

※価格は最新ではありません。数万円単位で安くなっていることが多々ありますので必ずAmazonサイトで確認してください。

利用者レビュー

小型軽量&高感度

評価:
Kiss-X4からの機種変で購入。(添付写真参照)ポイントは機材の小型軽量化に加えDIGIC5による高感度撮影への期待です。登山と絡め星撮りをするので機材の軽量化は正義。本当はバリアングルが有るとラクなんですが軽量化は正義っ!ホールド性は小さ過ぎてダウン。が、X4が持ちやすかったワケでも無いのでコンデジを持ってると思えば耐えられます。バッテリーが小さくなったので持ちがチト心配ですが、どうにかなるでしょ。シャッター音が静かになりました。さらに静音モードまであるそうです。Wi-Hi機能が欲しかったけど軽量化は正義っっ!データ転送はフラッシュエアーで耐えます。部分的には、メイン機材の5D-mk2のスペックも超えてるのでこのカメラの出番が多くなりそうです。

山へ持って行くように購入

評価:
【デザイン】デジイチらしいデザイン。小さくて軽くて良い。【画質】レンズは、マクロ用のEF-S60mm F2.8を使用。高山の花や景色をキレイに撮りたくて、これ一本で入山。デジイチはピントがしっかりあい後で見てもガッカリする事は少ない。【バッテリー】2泊3日で行った、こまめに切るようにしていたので十分もったけど、予備電池は購入予定。【携帯性】コンパクトデジカメと比べると重くかさばるけど写真に失敗が減り、画像も美しく良い。【液晶】普通。【ホールド感】普通【総評】高山でしか会えない、イワツメクサの花が好きでそのためにデジイチを持って行くようなものだけど楽しく撮れて、山へ持って行くにはベストと思う。

エントリー機にしては十分すぎる機能

評価:
標準レンズだけでも十分楽しめる、エントリーモデル思えないほど機種なので購入悩んでいる方の参考になればと思い再レビューします。【デザイン】丸みを帯びたコンパクトのデザインは好き嫌い別れそうですが好感がもてます。【画質】エントリークラスだと思って使っていましたが、十分すぎるぐらいの高画質、トリミングしても十分鑑賞に堪えられます。【操作性】コンパクトで操作性が犠牲になるところもありますが、液晶のタッチパネル操作よく考えあれたボタン操作もあり、エントリー機にしては十分すぎると思います。【バッテリー】冬の寒い時期は予備バッテリーが複数個欲しいくらい持ちが悪くライブビューするとバッテリーの減りが激しいので、予備バッテリーを用意した方がいいと思います。【携帯性】デジイチを気軽に持ち出せる軽さと機動性、長時間手持ち撮影でも重さを感じることなく満足しています。【機能性】エントリーモデルとしては扱いやすく十分すぎる機能、一部省かれている機能もありますがそこは割り切って使っています。【液晶】液晶はきれいで見やすく、タッチパネルがあることで、エントリークラスでありがちな操作性を犠牲にせずに使えます。【ホールド感】男性にしては手が大きい方でないので十分ホールドしやすいですが手が大きい方が使うとホールドしにくく感じられるかもしれません。【総評】ファーストインプレッションから約1年半、旧型のEF-S55-250mmのレンズが増えた事で沼の入り口に。(純正3本と便利ズーム1本が増えました。)当初は購入目的で候補になかったのですが、鳥や飛行機などの動き物にを除けば初心者に十分すぎる機能にEOS70Dの出番が減りました。長時間手持ちでの撮影なるとEOSKissX7の軽さと機動性が上回っています。バッテリーの持ちに多少不満は残りますが最近撮影するのが楽しくなりつつあるムーンリポートになくてはならない存在になりました。

※価格は最新ではありません。数万円単位で安くなっていることが多々ありますので必ずAmazonサイトで確認してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 【撮った写真で比較レビュー】Nikon D3200 VS Nikon D5100のレビュー

    Nikon D3200とNikon D5100を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場…
  2. 【撮った写真で比較レビュー】Canon EOS Kiss X50 VS Canon EOS Kiss X6iのレビュー

    Canon EOS Kiss X50とCanon EOS Kiss X6iを徹底比較します。まずは基…
  3. 【撮った写真で比較レビュー】Nikon D5200 VS Nikon D7000のレビュー

    Nikon D5200とNikon D7000を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場…
  4. 【撮った写真で比較レビュー】Canon EOS 7D VS Canon EOS Kiss X7iのレビュー

    Canon EOS 7DとCanon EOS Kiss X7iを徹底比較します。まずは基本スペックで…
  5. 【撮った写真で比較レビュー】Canon EOS Kiss X70 VS Nikon D3200のレビュー

    Canon EOS Kiss X70とNikon D3200を徹底比較します。まずは基本スペックで比…

ピックアップ記事

  1. Nikon D3200とNikon D5100を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場…
  2. Canon EOS Kiss X50とCanon EOS Kiss X6iを徹底比較します。まずは基…
  3. Nikon D5200とNikon D7000を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場…
  4. Canon EOS 7DとCanon EOS Kiss X7iを徹底比較します。まずは基本スペックで…
  5. Canon EOS Kiss X70とNikon D3200を徹底比較します。まずは基本スペックで比…

新着情報

  1. 【撮った写真で比較レビュー】Nikon D3200 VS Nikon D5100のレビュー

    Nikon D3200とNikon D5100を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場…
  2. 【撮った写真で比較レビュー】Canon EOS Kiss X50 VS Canon EOS Kiss X6iのレビュー

    Canon EOS Kiss X50とCanon EOS Kiss X6iを徹底比較します。まずは基…
  3. 【撮った写真で比較レビュー】Nikon D5200 VS Nikon D7000のレビュー

    Nikon D5200とNikon D7000を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場…

ランダム記事

  1. Nikon DfとCanon EOS Kiss X8iを徹底比較します。まずは基本スペックで比較※ス…
  2. Nikon D3100とCanon EOS 7Dを徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの…
  3. Nikon D7000とNikon Dfを徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場合、は…
  4. CanonEOS 70DとCanon EOS Kiss X50を徹底比較します。まずは基本スペックで…
  5. Nikon D5200とCanon EOS Kiss X7iを徹底比較します。まずは基本スペックで比…

固定ページ

ページ上部へ戻る