【撮った写真で比較レビュー】Nikon D5200 VS Canon EOS 7D MarkⅡのレビュー

Nikon D5200とCanon EOS 7D MarkⅡを徹底比較します。

まずは基本スペックで比較

※スマホの場合、はみ出しますので横スクロールできます。

機種 Nikon D5200 Canon EOS 7D MarkⅡ
レンズマウント ニコンFマウント キヤノンEFマウント
画素数 2471万画素(総画素)2410万画素(有効画素) 2090万画素(総画素)2020万画素(有効画素)
撮像素子  APS-C23.5mm×15.6mmCMOS& APS-C22.4mm×15mmCMOS&
撮影感度 標準:ISO100~6400拡張:ISO8000相当、25600相当 標準:ISO100~16000拡張:ISO25600、51200
連写撮影 5 コマ/秒 10 コマ/秒
シャッタースピード 1/4000~30 秒 1/8000~30 秒
撮影枚数 ファインダー使用時:500枚 ファインダー使用時:800枚液晶モニタ使用時:270枚
記録メディア SDHCカードSDカードSDXCカード コンパクトフラッシュSDHCカードSDカードSDXCカード
ライブビュー 
自分撮り機能     
GPS   
動画記録画素数 フルHD(1920×1080) フルHD(1920×1080)
幅x高さx奥行き 129x98x78 mm 148.6×112.4×78.2 mm
重量 505 g 820 g

Nikon D5200ってどんな一眼レフカメラ?


発売日:2012年12月15日

ポイント1 高画質

1世代前のD5100の有効画素数1620万画素から、2410万画素へ大幅グレードアップしています。これは後継機種D5300の2416万画素と遜色がありません。

オートフォーカスの測距点(フォーカスを合わせるためのポイント)も11点から39点まで大幅にアップしてピントを細かく合わせやすくなっています。これにより、動くものに対して瞬時にピントを合わせることができるため、動物やスポーツシーンの撮影に向いています。

もちろんD5000シリーズに特徴的なバリアングル液晶モニター(液晶モニターの角度を自在に変えることができ、様々な角度からでも液晶で確認しながら撮影できる機能)も搭載しています。

ポイント2 デザインが優れている

レッドドット・デザイン賞コミュニケーションデザイン2013を受賞しており、デザインには定評があります。「これぞ一眼レフカメラ」というNikonの一眼レフカメラ王道の形で、昔からの一眼好きの人の人気を集めているようです。その一方で、デジタル一眼レフカメラには珍しくレッドカラーバージョンもあるため、カジュアルに一眼を楽しみたい人やカメラ女子の人気も高いです。

シンプルにコンパクトにまとまっており、この機能でもバッテリー込みのボディーが555ℊというのもうれしい軽さです。

ポイント3 リーズナブルな値段

D5000シリーズの中で、新品を安く買うならD5200になります。レンズキットはD5300よりも約20000円以上安く(2016年5月現在)、WiFiやローパスフィルター(D5300はローパスフィルターが入っていないことにより解像度が上がります)の有無以外の機能に大きな差のないD5300と比べて、大きな価格の違いです。ポイント1に書いた通り、基本性能としてはD5300とかなり近いものがあります。

エントリーとしてこのカメラを選ぶ人へのアドバイス

Nikon D5000シリーズの中で、新品を購入できるものの中では最安値のモデルになります(D5000,D5100は今では新品は流通しておらず、中古のみです)。ですので、エントリーモデルで高性能のカメラを、安く、安心して買おうという人にはかなりお勧めできるモデルです。

ただし、D5000シリーズには、すでに新しいモデルのD5300やD5500が販売されており、基本性能には大きな差はないものの、WiFiやタッチパネル、大幅な軽量化などの便利さにおいて差があります。便利に楽しく楽しみたいという方は、少しお金を多く払ってもD5300やD5500をお勧めします。

レンズ付き5万円以内で、高性能のエントリーモデルを始めたいという方にはもってこいの機種です。

総合評価

見た目のよさ、質感 軽さ、コンパクトさ
画像の精細さ、ノイズの少なさなど 手ぶれ補正、撮影モードなど
メニュー操作・設定のしやすさ 液晶画面は見やすいか
バッテリーの持ちはよいか しっかりホールドできるか

Nikon D5200で撮影した写真集

Something is wrong.
Instagram token error.
Load More

※価格は最新ではありません。数万円単位で安くなっていることが多々ありますので必ずAmazonサイトで確認してください。

利用者レビュー

初の一眼レフ

評価:
YAMADAにて展示品を48000円で購入。【デザイン】デザインは文句なしです。これぞ一眼レフと言う感じです。【画質】画質のキレイさは初心者の自分には判断出来ないが、不満点があるとすればホワイトバランスの色味がちょっと物足りなさを感じます。特に快晴より青くしたいとき、全く好みの色にならない。これは自分の使い方がおかしいのか?!純正のレンズは使っていません。タムロンの28-75 F2.8を購入しました。手振れ補正はありませんが手持ち撮影はほぼしませんので満足してます。【操作性】操作性は慣れればすごい使いこなしてる感出せますwただ上位機種のD7100と比べるとダメな部分も。一番よく触るホワイトバランスと露出補正をもっと簡単に変更出来ればなと思います。【バッテリー】自分はじっくり風景を撮るタイプなので、バッテリーは撮影中に無くなったことはないです。【携帯性】まあこれは一眼レフですから、全くないですw【機能性】先程も上で書いたようにホワイトバランスをもっと細かく設定出来たらなと思います。【液晶】D5200に決めた最大の理由がこれですね。特に高いアングル、車の窓から外に出して撮影する際にクルクル回る液晶は最強です。【ホールド感】これは特に文句なしです。【総評】最初はD7100と悩みましたが、もしこれを買って飽きたとき本当にもったいないと思い、まずは安い方からという考えで買いました。結果カメラには思いっきりハマりましたが、特に後悔はしていません。ホワイトバランスの設定幅と操作性の簡略化が出来ればより良いカメラになると思いますが、まあエントリー機はこんなもんでしょうかw

手軽に、キレイに撮れます

評価:
デジイチはNikon D80およびSONY α550からの買い増しです。用途は、子供8:風景2:星空1の割合で、ほとんどが幼児の娘が被写体となります。子供目線で撮ったりするのでバリアングルは選択評価の一つでした。D80を所有しているため、説明書を読まずとも大体の操作ができました。また液晶にビジュアルで表示される設定状況はわかりやすいです。特に絞り値は、リアルタイムに絞りの絵が変わるので面白いです。試し撮りを兼ねてイチゴ狩りに行ってきました。OVFはさっと構えて、撮れる、出来映えも良いです。ただしEVFで撮るとAFが遅いです。OVF時は「スー、ピタ」という感じとするとEVFは「スーー、スー、ピタ」という感じでフォーカスが一旦行きすぎて戻ってきます。レリーズ後、操作可能になるまでも数秒待たされます。すばしっこい子供にはちょっと使えません。せっかくのバリアングルなのに勿体ないです。

濃密な気分に浸っています(*´ω`*)

評価:
【デザイン】ブラックは本当に一眼レフらしさが出ていてお気に入りです♪ちょっと石のような柄があるのもごつさがあり、とても所持感を満たしてくれます^^【画質】文句のつけようがありません!月も調整次第で美しいのが撮れますし、私のメインである花の写真の発色も素晴らしいです。夕焼けもほんのり色づいた感じに撮れていい感じですし、初心者には十分すぎる画質です(*^_^*)【操作性】カシャ!というシャッター音が最高ですね。KISSのように作った感のあるシャッター音ではなく、本当に歯切れのいい音なので撮影した気になります^^また、機能や操作もだいぶ慣れてきて、KISSに比べ操作性が悪いなどと感じることは一切なくなりました(^^)【バッテリー】連発して撮りまくるとすぐになくなりますが、花をのんびり撮影するくらいなら影響はさほどなさそうです♪ただ、電池が劣化してきたりするとわからないんで、いつか予備の電池を導入したいところです…。【携帯性】18-55mmレンズなら長時間持っていてもさほど手は疲れませんし、一眼レフとしても普通なので何ら問題はありません(^^)問題は、望遠レンズです。重いのは仕方ないとはいえ、結構飛び出すのでバックに入れるときはわざわざ18-55mmレンズに変えています…。【機能性】多彩な撮影モードですが、最近はマニュアル撮影に挑戦しています!まだまだ、慣れないような腕ですけど、マニュアル撮影だとオートモードよりも濃密で楽しい気分に浸ることができますね。【液晶】画質はそれなりに綺麗ですし、私のAQUOS(スマホ)と比べてもほどんど遜色はありません。画面サイズもちょうどいいので液晶に関しての不満は一切ありません♪【ホールド感】これは普通の一眼レフカメラですね♪普通の扱いであればホールド感が悪いと感じることはないでしょう。【総評】最近はオートフォーカスなんていらん!という気分でマニュアルフォーカスに挑戦し、マニュアルモードで月の撮影にも挑戦しています。ちょっと絶妙な調整にまだ慣れていないんですが、ちょっとづつ慣れていき楽しんでいきたいと思います!最後に、今回は本体画像を省き撮影画像のみのアップです。初心者故難があるかもしれませんが、その点はご了承ください…。

※価格は最新ではありません。数万円単位で安くなっていることが多々ありますので必ずAmazonサイトで確認してください。

Canon EOS 7D MarkⅡってどんな一眼レフカメラ?


発売日:2014年10月30日

ポイント1 連射性能がついに1秒10コマ

EOS 7Dシリーズの最大の特徴の連射性能が、1秒10コマにパワーアップ。通常のデジタル一眼レフカメラは3~5コマ/秒くらいなので、完全に一線を画しています。高速で動く被写体をメインで撮影する人に非常にうれしい機能です。動物の一瞬の動きや、スポーツ選手の一瞬の表情を表現してくれる素晴らしい性能です。

ポイント2 測距点がなんとオールクロスで65点

被写体に自動でフォーカスするために、被写体との距離を測るのが測距です。この方法にクロス測距と言われる高速AFに対応した方式を取り入れているのは、先代のEOS 7Dも同じですが、大きな変化はその距離を測る点が19点から65点に大幅アップしている点です。

51点を超えるとプロフェッショナル級と言われていますので、AF機能だけ見ればプロ機と同等の性能と言っても過言ではありません。ポイント1の連射機能と合わせて、動きの速い被写体に非常に強い機種になっています。

ポイント3 画像処理エンジンを大幅刷新

画像処理エンジンというのは、撮影した画像を処理するソフトのようなものです。7Dのエンジンから2代新しい処理エンジンにバージョンアップしただけでなく、二基搭載する「デュアルDIGIC6」になっています。

画像処理エンジンはわかりづらく、数字として表示できないので、気にしない人も多いようです。ただし、この処理エンジンが弱ければ、高画質の写真をjpegなどの画像に処理できないため、性能がいいカメラほど性能のいい画像処理エンジンが必要です。

この新しい処理エンジンを二基搭載しているおかげで連射性能もよく、動画でも画質が劣化しない作品を撮影することができます。

エントリーとしてこのカメラを選ぶ人へのアドバイス

少しずつ値段が落ちてきてはいるものの、エントリーにしては性能・価格ともに高すぎるカメラです。費用面の問題がなく、撮影対象がスポーツや動物と決まっている人では考えてもいいと思いますが、それ以外の人はもう少し安くても、使いやすい機種を選ばれることをお勧めします。

セカンドとしてこのカメラを選ぶ人へのアドバイス

連射機能・AF機能だけ見ると、プロフェッショナルカメラと遜色ありません。動きの速い被写体に特化したカメラを、セカンドとして欲しい方には非常にお勧めしたい機種です。ボディの価格は発売当初の20万円から12万円台まで下がってきていますので買い時かもしれません。

総合評価

見た目のよさ、質感 軽さ、コンパクトさ
画像の精細さ、ノイズの少なさなど 手ぶれ補正、撮影モードなど
メニュー操作・設定のしやすさ 液晶画面は見やすいか
バッテリーの持ちはよいか しっかりホールドできるか

Canon EOS 7D MarkⅡで撮影した写真集

Something is wrong.
Instagram token error.
Load More

※価格は最新ではありません。数万円単位で安くなっていることが多々ありますので必ずAmazonサイトで確認してください。

利用者レビュー

デジタル1眼レフがこんなに簡単で楽しいとは・・・!

評価:
大昔から所有していたCanon FTbをOHして最近白黒フィルム写真に目覚め格闘して参りましたが、なかなかうまくいかず、ふらっとヨドバシカメラを覗いて店員さんと話をしていたところ、キャッシュバックキャンペーンもあり7D MarkⅡがお勧めということで、価格.comで価格を見ながら検討していたが、運良く7DMark II EF24-70L IS USM レンズキットが最安値で買えました。【デザイン】とても良い。グリップ感や操作ボタンの配置などなれると機能的なデザインだとわかる。【画質】とても良い。最近のデジカメの画質には驚かされます。【操作性】最初は何でこんなにボタンがあるのかと戸惑ったが、二週間もいじっているといじり方がわかってきて操作性が良く感じてきた。【バッテリー】一日撮影するときはバッテリーグリップを付けているので消耗が早いのかわかりません。【携帯性】良いとは決して言いません。ただハイアマチュアモデルとしてはいいのではないでしょうか?【機能性】オートフォーカスの精度と連射機能の性能を試したくて動きが早いものを撮りましたが、とても楽しくてわざわざ動きの早いものを探して撮っています。【液晶】綺麗で見やすいです。【ホールド感】右手のホールド感がなんともいえなく良いです。望遠を付けた時などは別売りのバッテリーグリップをつけるとよりホールド感がでます。【総評】白黒フィルム撮影の大昔一眼レフカメラと比較するのもなんですが、オートフォーカスは早いし、連射が楽しい。マニュアルモードでしか撮りませんが、ファインダーに情報がいっぱいなのでそれに従いマニュアル設定すれば失敗もありません。また枚数を気にすることが無いので必要以上に撮ってしまいます。一つ欠点といえばマニュアルがわかり辛い、結局市販のマニュアル本を見て操作を理解しました。

5年の進化を実感します

評価:
ついついキャンペーンに乗せられ、7D2と24-70Lのセットを購入しました。まだ試し撮りですが、7Dを5年間使用した経験から申しあげます。まず直ぐに分かった違いは、スイッチ、ダイヤル類が高級感のある使い心地に進化している点です。地味な改良ですが、操作する感触が向上している点は高く評価されて良いと思います。言葉にするのは難しいのですが、所有欲を満たします。次にAEとAFの精度が確実に進化している点です。室内での撮影は、意図せぬ露出になることがままありましたが、7D2では、この点が随分と進化して、適正な露出の歩留まりが確実に増加しています。さて、レンズについて触れたいと思います。赤ハチマキはやはり高級感が一味違います。これまでEFS17-55F2.8を常用していましたが、これに変わる標準ズームとして購入しました。まず、Lだけに許されている操作感は、銘機17-55でも全く足元にも及びません。ボディもそうですが、レンズの操作感も重要で、良いものを使っているという感触は、撮影意欲を高める効果があると思います。この点だけでも、購入して良かったと実感しています。また、画角については子供がメインなので、広角はそれ程必要ではありません。私の場合は望遠側を使用するので、僅かながらといえ使いやすくなりました。画質については、17-55がEFSレンズの中では神レンズと言われるだけあり、一見違いがそうかわりませんが、高感度耐性は進化しており撮影の幅は確実に向上しています。ISO3200~6400くらいまでは、個人的には充分に使用できます。7Dでは800~1600くらいでしたから。その他にも、操作性が煮詰められており使いやすくなった印象です。値段が高値で止まって、購入したいがもう少し待とうと思っていた矢先のキャンペーンでキヤノンの作戦に見事に引っかかりました。まだまだ現役の7Dで頑張るつもりでしたが、これからは7D2で思い出をたくさん作っていきたいと思います。明日は息子がサッカーの新人戦に出場します。70-200LⅡ f2.8と7D2の相性が楽しみです!

初心者には十分すぎる

評価:
まずは、見た目に惹かれました。しかし、大切なのは、写真を撮る能力です。レンズもグレードを上げてある分、写りもいいです。私は初心者ですが、これから、いろいろな写真にチャレンジしようと思います。

※価格は最新ではありません。数万円単位で安くなっていることが多々ありますので必ずAmazonサイトで確認してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 【撮った写真で比較レビュー】Nikon D3200 VS Nikon D5100のレビュー

    Nikon D3200とNikon D5100を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場…
  2. 【撮った写真で比較レビュー】Canon EOS Kiss X50 VS Canon EOS Kiss X6iのレビュー

    Canon EOS Kiss X50とCanon EOS Kiss X6iを徹底比較します。まずは基…
  3. 【撮った写真で比較レビュー】Nikon D5200 VS Nikon D7000のレビュー

    Nikon D5200とNikon D7000を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場…
  4. 【撮った写真で比較レビュー】Canon EOS 7D VS Canon EOS Kiss X7iのレビュー

    Canon EOS 7DとCanon EOS Kiss X7iを徹底比較します。まずは基本スペックで…
  5. 【撮った写真で比較レビュー】Canon EOS Kiss X70 VS Nikon D3200のレビュー

    Canon EOS Kiss X70とNikon D3200を徹底比較します。まずは基本スペックで比…

ピックアップ記事

  1. Nikon D3200とNikon D5100を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場…
  2. Canon EOS Kiss X50とCanon EOS Kiss X6iを徹底比較します。まずは基…
  3. Nikon D5200とNikon D7000を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場…
  4. Canon EOS 7DとCanon EOS Kiss X7iを徹底比較します。まずは基本スペックで…
  5. Canon EOS Kiss X70とNikon D3200を徹底比較します。まずは基本スペックで比…

新着情報

  1. 【撮った写真で比較レビュー】Nikon D3200 VS Nikon D5100のレビュー

    Nikon D3200とNikon D5100を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場…
  2. 【撮った写真で比較レビュー】Canon EOS Kiss X50 VS Canon EOS Kiss X6iのレビュー

    Canon EOS Kiss X50とCanon EOS Kiss X6iを徹底比較します。まずは基…
  3. 【撮った写真で比較レビュー】Nikon D5200 VS Nikon D7000のレビュー

    Nikon D5200とNikon D7000を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場…

ランダム記事

  1. Canon EOS Kiss X50とNikon D5500を徹底比較します。まずは基本スペックで比…
  2. Canon EOS 6DとCanon EOS 7Dを徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホ…
  3. NikonのD5000シリーズの第5弾として2015年に発売されたモデルです。なぜかD5300の次に…
  4. Canon EOS Kiss X70とNikon D7200を徹底比較します。まずは基本スペックで比…
  5. Canon EOS Kiss X70とCanon EOS Kiss X7を徹底比較します。まずは基本…

固定ページ

ページ上部へ戻る