【撮った写真で比較レビュー】Nikon D5300 VS Canon EOS 8000Dのレビュー

Nikon D5300とCanon EOS 8000Dを徹底比較します。

まずは基本スペックで比較

※スマホの場合、はみ出しますので横スクロールできます。

機種 Nikon D5300 Canon EOS 8000D
レンズマウント ニコンFマウント キヤノンEFマウント
画素数 2478万画素(総画素)2416万画素(有効画素) 2470万画素(総画素)2420万画素(有効画素)
撮像素子  APS-C23.5mm×15.6mmCMOS& APS-C22.3mm×14.9mmCMOS&
撮影感度 標準:ISO100~12800拡張:ISO25600相当 標準:ISO100~12800拡張:ISO25600
連写撮影 5 コマ/秒 5 コマ/秒
シャッタースピード 1/4000~30 秒 1/4000~30 秒
撮影枚数 ファインダー使用時:600枚 ファインダー使用時:550枚液晶モニタ使用時:200枚
記録メディア SDHCカードSDカードSDXCカード SDHCカードSDカードSDXCカード
ライブビュー 
自分撮り機能     
GPS   
動画記録画素数 フルHD(1920×1080) フルHD(1920×1080)
幅x高さx奥行き 125x98x76 mm 131.9×100.9×77.8 mm
重量 480 g 520 g

Nikon D5300ってどんな一眼レフカメラ?


発売日:2014年 2月 6日

ポイント1 とにかくわかりやすい

やはり一眼レフというと、初心者の方にはわかりにくく、とっつきにくいという印象が強いでしょう。ですが、D5300は難しい設定が要らず、オートモードで撮影してしまえば液晶画面を見ながらコンデジと同じ感覚で高画質の撮影が可能です。誰でも買ってすぐに撮影できるというのはうれしいですよね。

また液晶画面を動かして角度を変えることができるので、液晶を見ながら簡単にアングルを変えた撮影が可能です。さらに、「i」ボタンを押すと、液晶画面に使用頻度の高い設定項目が表示され、画面を見ながら設定を変えることで、簡単に応用設定が可能になります。液晶画面は初心者にも強い味方になってくれます。

ポイント2 楽しいエフェクトモード

「EFFECTS」モードを使って撮影することで特殊効果を付けた写真を楽しむことができます。私のお気に入りは「HDRペインティング」と「ミニチュア効果」。

「HDRペインティング」モードで写真を撮ると、まるで絵画を描いたかのような画像が撮れます。特に花や風景は、印象派の絵画のように、とても明るく芸術的な写真になります。

「ミニチュア効果」では、私は街並みを撮影することで、本当にミニチュアの世界にいるような写真が撮れます。高いビルや観覧車から街並みや夜景を撮りに行ってみてください。簡単に面白い写真が撮れるので、はまること間違いなしです。

他にも「トイカメラ風」や「カラーセレクト」など楽しめるモードが9種類入っています。

ポイント3 Wi-Fi機能でSNSへリアルタイムにつながる。自撮りもできる

D5300のカメラ本体にはWi-Fiが内蔵されています。専用アプリケーションを使えば、スマートフォンやタブレットなどにワイヤレスで転送できます。

TwitterやFacebookなどにリアルタイムで投稿できるので、その場の感動を友人と共有することができます。旅行先での体験を美しい画像とともにリアルタイムで送ってみてはいかがですか?

また、Wi-Fi機能を使うことで、スマートフォンの画面をカメラのモニター代わりに使うことも可能です。スマートフォンでシャッターも切れますので、集合写真も自分たちだけで簡単に撮れます。

エントリーとしてこのカメラを選ぶ人へのアドバイス

機能、価格、操作性、大きさなどすべてにバランスの取れた一眼レフであり、エントリーモデルとして気軽に高画質のカメラを楽しむには、とてもいい機種だと思います。

標準レンズと望遠レンズのついたダブルレンズキットがあれば初心者の方には十分ですので、お得なダブルレンズキット付きのものを買われることをお勧めします。

セカンドとしてこのカメラを選ぶ人へのアドバイス

すべてにバランスが取れている分、機能面に関しては「ここがこういい」という特徴的な部分がないかもしれません。

「ミラーレスから一眼を考えている」「今の一眼が古くなってきたので新しいものを買おう」という場合にはお勧めできますが、今の一眼を使いながら2代目を考える場合には、それほど強みのある特徴があるわけではないので、目的に沿った特徴を持ったモデルを選ばれた方がいいかもしれません。

総合評価

見た目のよさ、質感 軽さ、コンパクトさ
画像の精細さ、ノイズの少なさなど 手ぶれ補正、撮影モードなど
メニュー操作・設定のしやすさ 液晶画面は見やすいか
バッテリーの持ちはよいか しっかりホールドできるか

Nikon D5300で撮影した写真集

Something is wrong.
Instagram token error.
Load More

※価格は最新ではありません。数万円単位で安くなっていることが多々ありますので必ずAmazonサイトで確認してください。

利用者レビュー

D3000からのステップアップ

評価:
数年前にD3000でデジイチデビューしました。つい最近まで普通に使っていたのですが、つい手を滑らせて落下させてしまい、レンズに異常が発生したのでこの機会に!と5000シリーズにステップアップしてみました。まずメニューの多さに驚きました。D3000と比べると雲泥の差。バリアングル液晶のモニタも美しい!カシャンと閉まる質感が満足度高いです。スライダを動かすだけでファインダーと液晶と、ビューを変えられるのも便利ですね。赤の色味がまた素敵・・・!深みのある塗装で、傷をつけないでおこう!と気合の入る美しさです。でも使い倒したいけれど!買った次の日に公演で子どもを撮りましたが、やっぱり作法が違うのか、まだ納得のいく写真は取れていませんが、これから力強い相棒になってくれそうで嬉しい限りです。WIFI機能でスマホに即画像を飛ばせるのも、FBやインスタに載せるのに便利ですヽ(=´▽`=)ノ技術の進歩って素晴らしい!満足度の高い一台です♪

初のNikon

評価:
【デザイン】赤いボディ色にひかれ購入しました。【画質】Nikonカラーは初めてなのでこんな画づくりなんだと感じている状態です。画素数的には文句ありません。十分すぎます。【操作性】GUIでの操作サポートが多い気がしましたが、撮影時のクイックな操作が画面操作を伴わないとできない部分がありマイナスポイントただしアマチュア向けと考えれば。。。【バッテリー】800枚程撮影しましたが画面バッテリーゲージ2/3でした。フラッシュは使用していません。【携帯性】18-55mm装着時は非常にコンパクト軽量なので苦にはなりません。【機能性】撮るだけでなくwi-fiを利用した画像転送機能、GPS機能等SNSを意識した機能があり便利。【液晶】普通です。【ホールド感】どちらかといえば女性向けのグリップなのでしょうか。【総評】ニコン機は初めてでしたが基本的な操作はなんとかこなせました。この機種は入門機なんだろうという作りが随所にみられました。電源入れてシャッター押せば意識せず画が撮れる基本的な部分に+αが作られている機種です。特に日常使いを意識したWi-fi機能、GPS機能を標準で備えSNS利用者には便利な点もプラスでしょう。夜景、暗い場所での撮影する機会が多いのですがフォーカスが迷う(定まらない)場合があります。レビュー画像をご覧いただければわかるとおもいますが、十分撮影できています。このクラスではとてもよく作られている機種と思いました。

D5500発売直前の購入になりました

評価:
旅カメラが目的で購入しました。性能がよく、特に軽量なことが気に入って、気軽に持ち出せます。花シーズン到来、京都・滋賀に毎週出かけて、観光と撮影三昧に酔ってしまいます。これまでは小型軽量のオリンパスE410を7年使っていました。時代の経過もあり、JPEGの画像サイズ、撮像素子サイズ4/3インチとAPS-Cの差などかなりの違いを感じます。(余談ですが、2011年にコンデジNIKON S8100をちょい撮り用に買いました。色合いは好みでしたがオートのフォーカス・ホワイトバランス、解像度などいまいちです。値段相応で目的が違いますから求めたことに無理がありました。)NIKONの色作り、フォーカスの緻密さ、木の葉の分解能などは、求めていたものに出会った感です。シャッター直前にフォーカス合致位置が表示される機能はとても重宝します。またシャッター音は上品で心地いい。オート撮影で風景の色あいが自然で気持ち良い。もっと早くNIKONの一眼レフデジタルを買うべきだったと後悔しつつ、感動を味わう今です。お店でCANONの同類機やD3300も触って比べてみました。CANONはフォーカス速度が速く動きの早いものの撮影に向いていると感じました。D3300はコストや重さの点で第一候補でしたが、フォーカス速度が満足できませんでした。カメラに内臓のコンピュータ回路のコストダウンがひびいているようで、CANONとはまったく正反対のつくり込みです。決められたコストの中でいかに作りこむか、メーカーの姿勢と苦労がうかがえます。1996年から使い始めたデジカメですが、デジタル画像処理技術を巧みに取り込んで、解像度や自由度ではフィルムを超えてNIKONらしい色作りまで達成されたことに感動させられます。NIKONの高級機が欲しくなりますが、使用目的、取り回し、継続更新を思うとこの辺りが身分相応でしょうか。始めは18-55の付属レンズを使っていましたが、より大きなズーム比が欲しくなりました。それで軽量で解像度重視のSIGMA18-200mm_OS_F3.5-6.3を追加購入したところ、これが常用になっています。非力な体力ですが、レンズ含めて1kgは1~2時間つれ回しても大丈夫な重さ、軽量な本体に救われます。デジカメの進化は年々著しく、数年ごとに新しいものに交換したくなります。値段はそれほど変わらずに、画像処理ソフトとハードウェアがどんどん進化するこの分野ですが、コンピュータの進化と同期していると思われます。日本人のきめ細かさに合ったデジカメの開発分野はプリンタと併せて世界をリードしていて素晴らしいと思います。

※価格は最新ではありません。数万円単位で安くなっていることが多々ありますので必ずAmazonサイトで確認してください。

Canon EOS 8000Dってどんな一眼レフカメラ?


発売日:2015年 4月17日

ポイント1 カメラの状態を一瞬で確認できる「右肩サブパネル」

EOS Kiss D8000の特徴の1つが、「右肩サブパネル」です。これはカメラボディの右肩の部分に付いた表示パネルであり、電池チェックや撮影可能枚数など以外にも、ISO・絞り・シャッタースピード・露出など撮影に必須の設定が表示されます。

一眼レフカメラをより楽しむためには、カメラの設定は非常に重要です。この設定を簡単に確認でき、設定を意識しながらの撮影を可能にしてくれます。ただ単に高画質撮影を楽しめるだけではなく、一眼レフの設定の理解や撮影技術の上達のために、非常に便利な機能です。

ポイント2 簡単に本格撮影のできるモードが充実

ポイント1で触れた設定ですが、すべてマニュアルで設定留守には相当の知識がいりますし、設定するだけで時間もかかります。それを簡単に自動設定してくれる機能がKiss D8000にはあります。

ダイヤルを回すだけで設定が可能な「モードダイヤル」には全13種類のモードが搭載されています。料理・夜景ポートレイト・キッズなどそれぞれのシーンに合った撮影モードに、ダイヤルを回すだけで自動設定してくれます。

他にも、写真に効果を加えて独特の雰囲気できるクリエイティブフィルターもあります。これを使えば、油絵・水彩ジオラマ・トイカメラなどの効果を楽しむことができます。

ポイント3 傾きのない写真を撮るための電子水準器

帰って家で確認したら、写真が傾いていたという経験は誰しもしたことがあるだろう。どれだけよく取れていても、傾いていれば台無しです。それを防ぐのが電子水準器です。

液晶及びファインダーどちらでも表示される電子水準器を使うことで、水平や垂直を確認しながら撮影できますので、確実に水平な撮影が可能です。

エントリーとしてこのカメラを選ぶ人へのアドバイス

エントリーモデルとはいえ、上級者のための機能も多い機種になっています。そのため、完全なエントリーモデルというより中級機に近いカメラです。

気軽に楽しみたい人ではなく、今後中級機を考えたいとか、本格的にカメラを始めるための1台にしたいという人におすすめのモデルです。気軽に楽しみたい方にはもう少しリーズナブルな他の機種をお勧めします。

セカンドとしてこのカメラを選ぶ人へのアドバイス

上にも書いた通り、少し中級モデルに近い性能になっておりますので、他のエントリーモデルからのグレードアップも楽しめるでしょう。また、今まで何となくデジタル一眼レフカメラを使ってきたけれど、しっかり始めたいという人のセカンドとしてもお勧めできます。

総合評価

見た目のよさ、質感 軽さ、コンパクトさ
画像の精細さ、ノイズの少なさなど 手ぶれ補正、撮影モードなど
メニュー操作・設定のしやすさ 液晶画面は見やすいか
バッテリーの持ちはよいか しっかりホールドできるか

Canon EOS 8000Dで撮影した写真集

Something is wrong.
Instagram token error.
Load More

※価格は最新ではありません。数万円単位で安くなっていることが多々ありますので必ずAmazonサイトで確認してください。

利用者レビュー

文句なし。kiss買うならこっちにするべし

評価:
【デザイン】右肩にサブ液晶が付いてて、ぱっと見の印象の良さがあります。おお、一眼と言えばこんな感じ!という感覚を入門機ながら味わえます。【画質】付属のキットレンズで撮影する分には全く問題ありません。8000Dを買う人は僕のような入門者だと思いますので携帯のカメラとは別次元の綺麗さに驚くと思います。星が4なのはiso12800で暗所撮影するとノイズが気になってきます。普段の撮影では全くノイズは気になりません。【操作性】ボタンの配置もわかりやすいですし、ちょっと使えばすぐ慣れます。【バッテリー】運動会やスポーツ大会でバシャバシャ撮るにはさすがにもちません。ずっとシャッターをきり続けて、いいペースでいって2400枚ほど撮ったところで撃沈。ですが普通に景色を撮ったり、友達を撮ったりする分には十分すぎるほどもちます。旅行に行った際は1000枚弱撮りましたが普通に1日持ちました。【携帯性】フルサイズ機ほどの重さはなく、軽めで男性が扱うには軽いと言えるでしょう。大きさもカメラバッグをお持ちであれば全く難はありません。【機能性】wifiもあって、すぐ携帯に送れますし、素人には十分すぎるほどです。【液晶】特に特徴はありません。普通に綺麗と言えるレベルです。【ホールド感】持った感じしっかりしてるなーという感じです。もしかしたら手の大きな人は少しグリップする手がしっくりこないかも?【総評】本当に買ってよかったです。18-135のキットレンズは神キットレンズと言ってもいいかもしれません。AFも問題なく決まります。画も素晴らしい表現力があって、普段見ている景色をとるだけでも違いが出ます。kissシリーズより絶対こっちにしたほうが後悔しません。

進化したエントリーデジイチ

評価:
息子の運動会の前に購入しました。今まではKiss X3を愛用していましたが、最近の連射性能と高感度の進化に惹かれて追加購入です。Kiss X3でも何とかやっていたのですが、やはり「室内」になると辛い場面が多かったです。シャッタースピードが稼げずに、ブレてしまう写真が多かったのです。今回購入した8000D EF-S18-135 IS STM レンズキットはレンズが実用的で良いと感じています。広角から望遠まで、ある程度カバーしてくれますので、レンズ交換の必要がほとんどありません。また、高感度が進化しているので室内でも余裕で撮れます。Kiss X3でもそれなり・・と思っていましたが、こんなに違うとは思いませんでした。http://tetyoulife.com/2016/05/17/eos-8000d/購入時の紹介をブログに書いていますので、よかったらどうぞ。(※詳細レビューではありませんが・・・)他の上位機種も迷いましたが、これ以上になると結構重く感じてしまうんですね・・・レンズが大きいので、この8000Dがちょうどよいと思います。プロ仕様とはいきませんが、ファミリーで使用なら必要十分だと思います。

高感度、長秒露光ノイズ比較と星空撮影

評価:
昨年秋にLUMIX DMC-FZ1000を購入して星空撮影を始めました。自分の性格上どっぷりハマりそうでしたので、あえて一眼は避けてネオ一眼と言われるコンデジでの星空撮影に拘っていこうと心の決めFZ1000を購入しました。1型センサーのFZ1000でもかなり綺麗に星空撮影ができ、LUMIX CLUBのフォトコンテストで入選、又、おすすめ写真にも2回選ばれました。しかし欲は深まるばかりで、「もっと高画質で、もっと広角で撮りたい」という思いから、色々悩んだ結果本製品を購入しました。初めての一眼です。広角レンズの購入はまた後日としまずはキットレンズでの星空撮影を行う前に、ちょっと比較するのは可愛そうですが1型センサーのFZ1000と高感度、長秒露光ノイズがどれ位違うのか比較してみました。8000D iso6400 30s VS FZ1000 iso3200 30s8000D iso3200 60s VS FZ1000 iso 3200 60s8000D iso1600 128s VS FZ1000 iso1600 128s (こちらはFZ1000の最長露光に合わせて比較) 当然ながら8000Dの圧勝ですね! CANONに確認した所、DIGIC6になり一段と高感度、長秒露光ノイズは改善されているらしいです。ただFZ1000のiso1600の最長露光は意外とノイズが少ないですが、黒味は比較にならない位8000Dの方が良いです。この感じからして8000Dの方がコンポジット処理等の編集がFZ1000より楽になりそうな気がします。しかしFZ1000もコンデジとしては天体適正はかなり高い方だと思います。星景、星野写真のみならず、光学ズーム最大の400㎜使用でアンドロメダ銀河、オリオン大星雲等をかなり鮮明に撮影することができています(もちろんポタ赤使用ですが)。今後の星空撮影は2台体制となり、また楽しみが増えました。購入後1ヶ月。実際に星景写真(主に天の川)の撮影を3回ほど行っての再レビューです。実際に撮影をしてみて分かったのですが、マニュアルでの星のピント合わせがモニターで10倍表示できるのですごくやりやすいです。ほぼピンを外すことがありません。一つ不満を上げるなら、リモコンでインターバル撮影を行う際、撮影間隔を極力短くしたいので5秒のインターバルで毎回撮影していますが、撮影画像の確認時間を4秒にしていても撮影後モニターに表示されるまでのレスポンスが悪く、一瞬の表示で次の撮影に入ってしまいます。写りについては、やはり1型センサーとはまったく違います。同じ環境で撮影したもの(1枚撮りもコンポジット後も)を比較するとその差は歴然です。さすがにFZ1000でiso6400の30sはノイズが酷く使えませんが、8000Dなら普通に使えます。更に星撮り用にTOKINA AT-X 11-20 PRO DX CAFを購入しました。f2.8通しで標準レンズより明るいのでiso3200で十分撮影でき、一段とノイズを抑えた撮影ができる様になりました。今はポタ赤のナノトラッカーを8000Dで使用しているので、FZ1000は固定撮影の為どうしてもiso3200まで上げて30s以内に収める形で撮影していますが、今後は8000D用にスカイメモSを購入し、ナノトラッカーはFZ1000で使用していく予定です。

※価格は最新ではありません。数万円単位で安くなっていることが多々ありますので必ずAmazonサイトで確認してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 【撮った写真で比較レビュー】Nikon D3200 VS Nikon D5100のレビュー

    Nikon D3200とNikon D5100を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場…
  2. 【撮った写真で比較レビュー】Canon EOS Kiss X50 VS Canon EOS Kiss X6iのレビュー

    Canon EOS Kiss X50とCanon EOS Kiss X6iを徹底比較します。まずは基…
  3. 【撮った写真で比較レビュー】Nikon D5200 VS Nikon D7000のレビュー

    Nikon D5200とNikon D7000を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場…
  4. 【撮った写真で比較レビュー】Canon EOS 7D VS Canon EOS Kiss X7iのレビュー

    Canon EOS 7DとCanon EOS Kiss X7iを徹底比較します。まずは基本スペックで…
  5. 【撮った写真で比較レビュー】Canon EOS Kiss X70 VS Nikon D3200のレビュー

    Canon EOS Kiss X70とNikon D3200を徹底比較します。まずは基本スペックで比…

ピックアップ記事

  1. Nikon D3200とNikon D5100を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場…
  2. Canon EOS Kiss X50とCanon EOS Kiss X6iを徹底比較します。まずは基…
  3. Nikon D5200とNikon D7000を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場…
  4. Canon EOS 7DとCanon EOS Kiss X7iを徹底比較します。まずは基本スペックで…
  5. Canon EOS Kiss X70とNikon D3200を徹底比較します。まずは基本スペックで比…

新着情報

  1. 【撮った写真で比較レビュー】Nikon D3200 VS Nikon D5100のレビュー

    Nikon D3200とNikon D5100を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場…
  2. 【撮った写真で比較レビュー】Canon EOS Kiss X50 VS Canon EOS Kiss X6iのレビュー

    Canon EOS Kiss X50とCanon EOS Kiss X6iを徹底比較します。まずは基…
  3. 【撮った写真で比較レビュー】Nikon D5200 VS Nikon D7000のレビュー

    Nikon D5200とNikon D7000を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場…

ランダム記事

  1. CanonEOS 60DとCanon EOS Kiss X8iを徹底比較します。まずは基本スペックで…
  2. Canon EOS 7DとCanon EOS Kiss X8iを徹底比較します。まずは基本スペックで…
  3. Nikon D5500とNikon D7200を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場…
  4. Canon EOS Kiss X70とCanon EOS Kiss X80を徹底比較します。まずは基…
  5. Nikon D5200とNikon D610を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場合…

固定ページ

ページ上部へ戻る