【撮った写真で比較レビュー】Nikon D5300 VS Canon EOS Kiss X7のレビュー

Nikon D5300とCanon EOS Kiss X7を徹底比較します。

まずは基本スペックで比較

※スマホの場合、はみ出しますので横スクロールできます。

機種 Nikon D5300 Canon EOS Kiss X7
レンズマウント ニコンFマウント キヤノンEFマウント
画素数 2478万画素(総画素)2416万画素(有効画素) 1800万画素(有効画素)
撮像素子  APS-C23.5mm×15.6mmCMOS& APS-C22.3mm×14.9mmCMOS&
撮影感度 標準:ISO100~12800拡張:ISO25600相当 標準:ISO100~12800拡張:ISO25600
連写撮影 5 コマ/秒 4 コマ/秒
シャッタースピード 1/4000~30 秒 1/4000~30 秒
撮影枚数 ファインダー使用時:600枚 ファインダー使用時:480枚液晶モニタ使用時:160枚
記録メディア SDHCカードSDカードSDXCカード SDHCカードSDカードSDXCカード
ライブビュー 
自分撮り機能     
GPS   
動画記録画素数 フルHD(1920×1080) フルHD(1920×1080)
幅x高さx奥行き 125x98x76 mm 116.8×90.7×69.4 mm
重量 480 g 370 g

Nikon D5300ってどんな一眼レフカメラ?


発売日:2014年 2月 6日

ポイント1 とにかくわかりやすい

やはり一眼レフというと、初心者の方にはわかりにくく、とっつきにくいという印象が強いでしょう。ですが、D5300は難しい設定が要らず、オートモードで撮影してしまえば液晶画面を見ながらコンデジと同じ感覚で高画質の撮影が可能です。誰でも買ってすぐに撮影できるというのはうれしいですよね。

また液晶画面を動かして角度を変えることができるので、液晶を見ながら簡単にアングルを変えた撮影が可能です。さらに、「i」ボタンを押すと、液晶画面に使用頻度の高い設定項目が表示され、画面を見ながら設定を変えることで、簡単に応用設定が可能になります。液晶画面は初心者にも強い味方になってくれます。

ポイント2 楽しいエフェクトモード

「EFFECTS」モードを使って撮影することで特殊効果を付けた写真を楽しむことができます。私のお気に入りは「HDRペインティング」と「ミニチュア効果」。

「HDRペインティング」モードで写真を撮ると、まるで絵画を描いたかのような画像が撮れます。特に花や風景は、印象派の絵画のように、とても明るく芸術的な写真になります。

「ミニチュア効果」では、私は街並みを撮影することで、本当にミニチュアの世界にいるような写真が撮れます。高いビルや観覧車から街並みや夜景を撮りに行ってみてください。簡単に面白い写真が撮れるので、はまること間違いなしです。

他にも「トイカメラ風」や「カラーセレクト」など楽しめるモードが9種類入っています。

ポイント3 Wi-Fi機能でSNSへリアルタイムにつながる。自撮りもできる

D5300のカメラ本体にはWi-Fiが内蔵されています。専用アプリケーションを使えば、スマートフォンやタブレットなどにワイヤレスで転送できます。

TwitterやFacebookなどにリアルタイムで投稿できるので、その場の感動を友人と共有することができます。旅行先での体験を美しい画像とともにリアルタイムで送ってみてはいかがですか?

また、Wi-Fi機能を使うことで、スマートフォンの画面をカメラのモニター代わりに使うことも可能です。スマートフォンでシャッターも切れますので、集合写真も自分たちだけで簡単に撮れます。

エントリーとしてこのカメラを選ぶ人へのアドバイス

機能、価格、操作性、大きさなどすべてにバランスの取れた一眼レフであり、エントリーモデルとして気軽に高画質のカメラを楽しむには、とてもいい機種だと思います。

標準レンズと望遠レンズのついたダブルレンズキットがあれば初心者の方には十分ですので、お得なダブルレンズキット付きのものを買われることをお勧めします。

セカンドとしてこのカメラを選ぶ人へのアドバイス

すべてにバランスが取れている分、機能面に関しては「ここがこういい」という特徴的な部分がないかもしれません。

「ミラーレスから一眼を考えている」「今の一眼が古くなってきたので新しいものを買おう」という場合にはお勧めできますが、今の一眼を使いながら2代目を考える場合には、それほど強みのある特徴があるわけではないので、目的に沿った特徴を持ったモデルを選ばれた方がいいかもしれません。

総合評価

見た目のよさ、質感 軽さ、コンパクトさ
画像の精細さ、ノイズの少なさなど 手ぶれ補正、撮影モードなど
メニュー操作・設定のしやすさ 液晶画面は見やすいか
バッテリーの持ちはよいか しっかりホールドできるか

Nikon D5300で撮影した写真集

Something is wrong.
Instagram token error.
Load More

※価格は最新ではありません。数万円単位で安くなっていることが多々ありますので必ずAmazonサイトで確認してください。

利用者レビュー

D3000からのステップアップ

評価:
数年前にD3000でデジイチデビューしました。つい最近まで普通に使っていたのですが、つい手を滑らせて落下させてしまい、レンズに異常が発生したのでこの機会に!と5000シリーズにステップアップしてみました。まずメニューの多さに驚きました。D3000と比べると雲泥の差。バリアングル液晶のモニタも美しい!カシャンと閉まる質感が満足度高いです。スライダを動かすだけでファインダーと液晶と、ビューを変えられるのも便利ですね。赤の色味がまた素敵・・・!深みのある塗装で、傷をつけないでおこう!と気合の入る美しさです。でも使い倒したいけれど!買った次の日に公演で子どもを撮りましたが、やっぱり作法が違うのか、まだ納得のいく写真は取れていませんが、これから力強い相棒になってくれそうで嬉しい限りです。WIFI機能でスマホに即画像を飛ばせるのも、FBやインスタに載せるのに便利ですヽ(=´▽`=)ノ技術の進歩って素晴らしい!満足度の高い一台です♪

初のNikon

評価:
【デザイン】赤いボディ色にひかれ購入しました。【画質】Nikonカラーは初めてなのでこんな画づくりなんだと感じている状態です。画素数的には文句ありません。十分すぎます。【操作性】GUIでの操作サポートが多い気がしましたが、撮影時のクイックな操作が画面操作を伴わないとできない部分がありマイナスポイントただしアマチュア向けと考えれば。。。【バッテリー】800枚程撮影しましたが画面バッテリーゲージ2/3でした。フラッシュは使用していません。【携帯性】18-55mm装着時は非常にコンパクト軽量なので苦にはなりません。【機能性】撮るだけでなくwi-fiを利用した画像転送機能、GPS機能等SNSを意識した機能があり便利。【液晶】普通です。【ホールド感】どちらかといえば女性向けのグリップなのでしょうか。【総評】ニコン機は初めてでしたが基本的な操作はなんとかこなせました。この機種は入門機なんだろうという作りが随所にみられました。電源入れてシャッター押せば意識せず画が撮れる基本的な部分に+αが作られている機種です。特に日常使いを意識したWi-fi機能、GPS機能を標準で備えSNS利用者には便利な点もプラスでしょう。夜景、暗い場所での撮影する機会が多いのですがフォーカスが迷う(定まらない)場合があります。レビュー画像をご覧いただければわかるとおもいますが、十分撮影できています。このクラスではとてもよく作られている機種と思いました。

D5500発売直前の購入になりました

評価:
旅カメラが目的で購入しました。性能がよく、特に軽量なことが気に入って、気軽に持ち出せます。花シーズン到来、京都・滋賀に毎週出かけて、観光と撮影三昧に酔ってしまいます。これまでは小型軽量のオリンパスE410を7年使っていました。時代の経過もあり、JPEGの画像サイズ、撮像素子サイズ4/3インチとAPS-Cの差などかなりの違いを感じます。(余談ですが、2011年にコンデジNIKON S8100をちょい撮り用に買いました。色合いは好みでしたがオートのフォーカス・ホワイトバランス、解像度などいまいちです。値段相応で目的が違いますから求めたことに無理がありました。)NIKONの色作り、フォーカスの緻密さ、木の葉の分解能などは、求めていたものに出会った感です。シャッター直前にフォーカス合致位置が表示される機能はとても重宝します。またシャッター音は上品で心地いい。オート撮影で風景の色あいが自然で気持ち良い。もっと早くNIKONの一眼レフデジタルを買うべきだったと後悔しつつ、感動を味わう今です。お店でCANONの同類機やD3300も触って比べてみました。CANONはフォーカス速度が速く動きの早いものの撮影に向いていると感じました。D3300はコストや重さの点で第一候補でしたが、フォーカス速度が満足できませんでした。カメラに内臓のコンピュータ回路のコストダウンがひびいているようで、CANONとはまったく正反対のつくり込みです。決められたコストの中でいかに作りこむか、メーカーの姿勢と苦労がうかがえます。1996年から使い始めたデジカメですが、デジタル画像処理技術を巧みに取り込んで、解像度や自由度ではフィルムを超えてNIKONらしい色作りまで達成されたことに感動させられます。NIKONの高級機が欲しくなりますが、使用目的、取り回し、継続更新を思うとこの辺りが身分相応でしょうか。始めは18-55の付属レンズを使っていましたが、より大きなズーム比が欲しくなりました。それで軽量で解像度重視のSIGMA18-200mm_OS_F3.5-6.3を追加購入したところ、これが常用になっています。非力な体力ですが、レンズ含めて1kgは1~2時間つれ回しても大丈夫な重さ、軽量な本体に救われます。デジカメの進化は年々著しく、数年ごとに新しいものに交換したくなります。値段はそれほど変わらずに、画像処理ソフトとハードウェアがどんどん進化するこの分野ですが、コンピュータの進化と同期していると思われます。日本人のきめ細かさに合ったデジカメの開発分野はプリンタと併せて世界をリードしていて素晴らしいと思います。

※価格は最新ではありません。数万円単位で安くなっていることが多々ありますので必ずAmazonサイトで確認してください。

Canon EOS Kiss X7ってどんな一眼レフカメラ?


発売日:2013年 4月24日

ポイント1 とにかく軽量!

この機種の特徴は、とにかく「小型で軽量」であるということです。2015年2月のキャノン調べでは、APS-Cサイズ(エントリーモデルのデジタル一眼レフカメラに標準的サイズ)のデジタル一眼レフカメラでは、世界最小・最軽量をうたっています。

なんとボディの重さが370g(500g以下であれば十分軽量です)、厚さも7㎝以下となっています。持ち運びが便利であればその分活躍するシーンが増えます。デジカメに近い感覚で持ち運べるので、特に初心者の方には非常にお勧めです。

ポイント2 タッチパネル機能で簡単にピント合わせ

最近発売されたCanonのエントリーモデルは、ライブビュー機能という液晶モニターに被写体を映して撮影できる機能(ファインダーを覗く必要のない機能)がついていますが、その液晶画像をタッチすることで、簡単に目的のものへピントを合わせることができます。

マニュアルでピントを合わせる人には必要がありませんが、ライブビュー撮影を使うときはオートフォーカスで撮影することが多く、このタッチパネルによるピント合わせは非常に有用なツールです。

ポイント3 さまざまな表現を楽しめる

さまざまな機能により、面白い表現が楽しめます。

例えば、ビデオスナップ機能。これは2~8秒の短い動画を何回か撮影し、それをつなぎ合わせたビデオスナップを作ってくれる機能です。この機能を使うことで、だらだらした動画ではなく、見ていて楽しいテンポのある動画が撮れます。パソコンを使ってBGMを入れればショートムービーのような動画が楽しめます。

他にも、撮影した動画がミニチュア撮影をしたような動画になるジオラマ風動画や、7種の静止画フィルター(油絵風・水彩風・ラフモノクロ・トイカメラなど)など、楽しいモードがたくさんあります。

エントリーとしてこのカメラを選ぶ人へのアドバイス

このカメラはとにかく「小さく軽い」ということが一番のポイントです。ですので、デジカメに近い感覚で、持ち歩きを重視する人には第一選択としてお勧めしたいモデルです。

もちろん、デジタル一眼カメラとして十分な基本性能や機能を有しています。標準レンズとズームレンズの付いたダブルレンズキットでも4万円台で買えるというお買い得な点もエントリーとしてはお勧めです。

セカンドとしてこのカメラを選ぶ人へのアドバイス

やはり小さくて軽いので、お散歩カメラ用に一台ほしいという人にはお勧めです。基本性能はしっかりしていますが、特に何かに優れているというカメラではないので、サイズ以外にセカンドとして選ぶ理由はほとんどないでしょう。

総合評価

見た目のよさ、質感 軽さ、コンパクトさ
画像の精細さ、ノイズの少なさなど 手ぶれ補正、撮影モードなど
メニュー操作・設定のしやすさ 液晶画面は見やすいか
バッテリーの持ちはよいか しっかりホールドできるか

Canon EOS Kiss X7で撮影した写真集

Something is wrong.
Instagram token error.
Load More

※価格は最新ではありません。数万円単位で安くなっていることが多々ありますので必ずAmazonサイトで確認してください。

利用者レビュー

小型軽量&高感度

評価:
Kiss-X4からの機種変で購入。(添付写真参照)ポイントは機材の小型軽量化に加えDIGIC5による高感度撮影への期待です。登山と絡め星撮りをするので機材の軽量化は正義。本当はバリアングルが有るとラクなんですが軽量化は正義っ!ホールド性は小さ過ぎてダウン。が、X4が持ちやすかったワケでも無いのでコンデジを持ってると思えば耐えられます。バッテリーが小さくなったので持ちがチト心配ですが、どうにかなるでしょ。シャッター音が静かになりました。さらに静音モードまであるそうです。Wi-Hi機能が欲しかったけど軽量化は正義っっ!データ転送はフラッシュエアーで耐えます。部分的には、メイン機材の5D-mk2のスペックも超えてるのでこのカメラの出番が多くなりそうです。

山へ持って行くように購入

評価:
【デザイン】デジイチらしいデザイン。小さくて軽くて良い。【画質】レンズは、マクロ用のEF-S60mm F2.8を使用。高山の花や景色をキレイに撮りたくて、これ一本で入山。デジイチはピントがしっかりあい後で見てもガッカリする事は少ない。【バッテリー】2泊3日で行った、こまめに切るようにしていたので十分もったけど、予備電池は購入予定。【携帯性】コンパクトデジカメと比べると重くかさばるけど写真に失敗が減り、画像も美しく良い。【液晶】普通。【ホールド感】普通【総評】高山でしか会えない、イワツメクサの花が好きでそのためにデジイチを持って行くようなものだけど楽しく撮れて、山へ持って行くにはベストと思う。

エントリー機にしては十分すぎる機能

評価:
標準レンズだけでも十分楽しめる、エントリーモデル思えないほど機種なので購入悩んでいる方の参考になればと思い再レビューします。【デザイン】丸みを帯びたコンパクトのデザインは好き嫌い別れそうですが好感がもてます。【画質】エントリークラスだと思って使っていましたが、十分すぎるぐらいの高画質、トリミングしても十分鑑賞に堪えられます。【操作性】コンパクトで操作性が犠牲になるところもありますが、液晶のタッチパネル操作よく考えあれたボタン操作もあり、エントリー機にしては十分すぎると思います。【バッテリー】冬の寒い時期は予備バッテリーが複数個欲しいくらい持ちが悪くライブビューするとバッテリーの減りが激しいので、予備バッテリーを用意した方がいいと思います。【携帯性】デジイチを気軽に持ち出せる軽さと機動性、長時間手持ち撮影でも重さを感じることなく満足しています。【機能性】エントリーモデルとしては扱いやすく十分すぎる機能、一部省かれている機能もありますがそこは割り切って使っています。【液晶】液晶はきれいで見やすく、タッチパネルがあることで、エントリークラスでありがちな操作性を犠牲にせずに使えます。【ホールド感】男性にしては手が大きい方でないので十分ホールドしやすいですが手が大きい方が使うとホールドしにくく感じられるかもしれません。【総評】ファーストインプレッションから約1年半、旧型のEF-S55-250mmのレンズが増えた事で沼の入り口に。(純正3本と便利ズーム1本が増えました。)当初は購入目的で候補になかったのですが、鳥や飛行機などの動き物にを除けば初心者に十分すぎる機能にEOS70Dの出番が減りました。長時間手持ちでの撮影なるとEOSKissX7の軽さと機動性が上回っています。バッテリーの持ちに多少不満は残りますが最近撮影するのが楽しくなりつつあるムーンリポートになくてはならない存在になりました。

※価格は最新ではありません。数万円単位で安くなっていることが多々ありますので必ずAmazonサイトで確認してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 【撮った写真で比較レビュー】Nikon D3200 VS Nikon D5100のレビュー

    Nikon D3200とNikon D5100を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場…
  2. 【撮った写真で比較レビュー】Canon EOS Kiss X50 VS Canon EOS Kiss X6iのレビュー

    Canon EOS Kiss X50とCanon EOS Kiss X6iを徹底比較します。まずは基…
  3. 【撮った写真で比較レビュー】Nikon D5200 VS Nikon D7000のレビュー

    Nikon D5200とNikon D7000を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場…
  4. 【撮った写真で比較レビュー】Canon EOS 7D VS Canon EOS Kiss X7iのレビュー

    Canon EOS 7DとCanon EOS Kiss X7iを徹底比較します。まずは基本スペックで…
  5. 【撮った写真で比較レビュー】Canon EOS Kiss X70 VS Nikon D3200のレビュー

    Canon EOS Kiss X70とNikon D3200を徹底比較します。まずは基本スペックで比…

ピックアップ記事

  1. Nikon D3200とNikon D5100を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場…
  2. Canon EOS Kiss X50とCanon EOS Kiss X6iを徹底比較します。まずは基…
  3. Nikon D5200とNikon D7000を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場…
  4. Canon EOS 7DとCanon EOS Kiss X7iを徹底比較します。まずは基本スペックで…
  5. Canon EOS Kiss X70とNikon D3200を徹底比較します。まずは基本スペックで比…

新着情報

  1. 【撮った写真で比較レビュー】Nikon D3200 VS Nikon D5100のレビュー

    Nikon D3200とNikon D5100を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場…
  2. 【撮った写真で比較レビュー】Canon EOS Kiss X50 VS Canon EOS Kiss X6iのレビュー

    Canon EOS Kiss X50とCanon EOS Kiss X6iを徹底比較します。まずは基…
  3. 【撮った写真で比較レビュー】Nikon D5200 VS Nikon D7000のレビュー

    Nikon D5200とNikon D7000を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場…

ランダム記事

  1. Nikon D7100とCanon EOS Kiss X5を徹底比較します。まずは基本スペックで比較…
  2. Canon EOS Kiss X70とCanon EOS 7D MarkⅡを徹底比較します。まずは基…
  3. CanonEOS 60DとCanonEOS 80Dを徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホ…
  4. Canon EOS 7DとCanon EOS Kiss X7iを徹底比較します。まずは基本スペックで…
  5. Canon EOS 7DとCanon EOS 8000Dを徹底比較します。まずは基本スペックで比較※…

固定ページ

ページ上部へ戻る