【撮った写真で比較レビュー】Nikon D7200 VS Canon EOS Kiss X7のレビュー

Nikon D7200とCanon EOS Kiss X7を徹底比較します。

まずは基本スペックで比較

※スマホの場合、はみ出しますので横スクロールできます。

機種 Nikon D7200 Canon EOS Kiss X7
レンズマウント ニコンFマウント キヤノンEFマウント
画素数 2472万画素(総画素)2416万画素(有効画素) 1800万画素(有効画素)
撮像素子  APS-C23.5mm×15.6mmCMOS& APS-C22.3mm×14.9mmCMOS&
撮影感度 標準:ISO100~25600拡張:ISO51200相当、102400相当 標準:ISO100~12800拡張:ISO25600
連写撮影 7 コマ/秒 4 コマ/秒
シャッタースピード 1/8000~30 秒 1/4000~30 秒
撮影枚数 ファインダー使用時:1110枚 ファインダー使用時:480枚液晶モニタ使用時:160枚
記録メディア SDHCカードSDカードSDXCカード SDHCカードSDカードSDXCカード
ライブビュー 
自分撮り機能     
GPS     
動画記録画素数 フルHD(1920×1080) フルHD(1920×1080)
幅x高さx奥行き 135.5×106.5×76 mm 116.8×90.7×69.4 mm
重量 675 g 370 g

Nikon D7200ってどんな一眼レフカメラ?


発売日:2015年 3月19日

ポイント1 ISO感度が向上し、さらに決定的瞬間が撮りやすくなった

最新の画像処理エンジンEXPEED 4を採用することで、ISO感度(カメラが光を取り込む能力)が先代モデルのD7100に比べて2段階高くなりました。D7100の項目でも説明していますが、D7000シリーズは高速撮影やオートフォーカスの速さに定評のある機種です。

光の感度が低ければ、せっかく決定的な瞬間をとらえても暗い画像しか取れませんが、ISO感度が向上したおかげで、多少暗い場所でも瞬時に撮影しやすくなっております。

ポイント2 ガラスペンタプリズム

D7000シリーズに採用されているのが、このガラスペンタプリズムと言われる構造です。カメラのレンズとファインダーの間にある構造物で、エントリーモデルのD5000シリーズやD3000シリーズにはペンタミラーという構造が入っています。

ペンタミラーの方が軽く簡単なつくりをしていますが、ガラスペンタプリズムがあることで、ファインダーからの焦点の合わせやすさや被写体の鮮明さが上がります。ライブビュー撮影(液晶モニターを使った撮影)だけであればこのメリットはありませんが、一眼レフカメラの醍醐味であるファインダー撮影をする時には、非常に有利になる構造です。

ポイント3 WiFi機能を導入

D7100にはなく、D7200から入った機能の一つがWiFiです(D5300やD5500にも内蔵されています)。カメラにWiFi機能があることで、スマートフォンと接続することができ、D7200で撮ったきれいな写真をリアルタイムでSNSに投稿することができます。

このような便利機能も付属しているのはD7200の強みです。高画質の写真で、その場の感動をリアルタイムに伝えてみましょう。

エントリーとしてこのカメラを選ぶ人へのアドバイス

ミドルモデルですので、軽くデジタル一眼レフカメラを楽しみたいという人に向いているカメラではありません。そういう場合は、リーズナブルで携帯性も高く、十分な機能を持つD5300/D5500/D3300などをお勧めします。

腰を据えてデジタル一眼を始めたい人や、高速撮影機能が充実したカメラがほしい人は、エントリーとしてこの機種を選ぶことで、長く付き合える1台になってくれるでしょう。

セカンドとしてこのカメラを選ぶ人へのアドバイス

エントリークラスのカメラを持っていて、そろそろミドルクラスを買おうという方にはお勧めできる機種です。動物や子供のようなよく動く被写体をきれいに撮りたい人や少し動画機能の充実した機種が欲しい人には、特に合っている機種だと思います。

総合評価

見た目のよさ、質感 軽さ、コンパクトさ
画像の精細さ、ノイズの少なさなど 手ぶれ補正、撮影モードなど
メニュー操作・設定のしやすさ 液晶画面は見やすいか
バッテリーの持ちはよいか しっかりホールドできるか

Nikon D7200で撮影した写真集

Something is wrong.
Instagram token error.
Load More

※価格は最新ではありません。数万円単位で安くなっていることが多々ありますので必ずAmazonサイトで確認してください。

利用者レビュー

初一眼!

評価:
約2年前に初めてデジカメを購入(FUJI FINE PIX S1)ライブハウスやクラブでのステージを撮っていましたが、流石に限界を感じて・・・この度思い切って購入に踏み切りました。一眼は初心者なので主観的なレビューになりますm(__)m〇デザイン   いいですね。Nikon!って感じで満足度200%です(^.^)〇画質文句なしです!!今までのカメラでは赤系の照明ではかなり滲んでましたがエッジがクッキリです。撮影上暗いシーンが多いのですが、それでも明暗の差がくっきり出て、初心者でもそれっぽく雰囲気のある絵が撮れます(^^;)また、逆光のシーンでも被写体の表情まで撮れるので感動しました!ISO3200が主戦場ですが、ノイズも全く気になりません!思っていた以上の高感度耐性でした。〇操作性まだ全く使いこなせていないので☆3つにしてますが、高機能機種の割には使いやすいのではないかと思います。グリップのWダイヤルはすごく重宝してます。(^^;)早く機能や操作を頭に入れて使いこなせるようになりたいです。(;^_^A 〇バッテリーまだ使い込んでないのですが、先日400枚ぐらい撮って残量メモリが1個になりました。撮りながらモニターで確認したり頻繁にズームを使って半押しピントを使っていたので参考にはならないかもしれません。(^^;)最長で6時間くらい使うこともあるので一応予備バッテリーは一緒に購入済みです。〇携帯性以前のFINE PIX S1もコンデジの割には大きい方だったので全く苦になりません。今のところレンズもこれ1本で足りてるので、レンズをもう1本購入して持って行っても十分余裕じゃないかと思います。ただ女性にはちょっと重いでしょうか?〇機能性まだまだ全然把握できていませんが、初心者には当然のごとく十分過ぎます(^^;)特にSDのWスロットはJpegとRAWを分けて記録できるので私にとっては大変便利です。〇液晶これも十分です。まだ昼間の屋外で確認してませんが、これだけクッキリと視認できるなら申し分ないです。〇ホールド感私は手が大きい方なので参考ににはならかも知れませんが、少し手が余るので特に薬指の先が痛くなりました。多分必要以上にしっかり握っていたのかもしれません。これから慣れていってベストな持ち方を見つけたいと思います。これまでコンデジに慣れていたので気付かないうちにレンズのフォーカスリングを触ってたりもしました(^^;)〇満足度まだ2回しか使ってないのでこれからですが、今の時点では大・大・大満足のカメラです!(^▽^)多分機能の30%も使えてないと思いますのでこれからどんどん使い倒してさらに満足度を高めたいと思います。(^.^)決して買って損はしないカメラだと思います!(^▽^)早いうちにカメラに相応しい持ち手になりたいと思います(^^;)

業務用として導入。CP高い。今買わないでどうする?

評価:
年度末セールで18-140kitで112k円くらいで購入しました。激安の頃で、ボディが80k円くらいでしたね。4月の中頃は110k円だったようですね。この機能でこの価格は、写真を趣味にしているなら買って損はないし、業務で使うならCPが高いと判断しました。しかも、ちゃんとピントも来るし、今流行のローパスレスなので、カリカリ系画質ですもんねぇ。主体は、キャノン機を使う人のレビューですから、その視点から書きます。【デザイン】ニコンのデザインですよねぇ。シャッター音、ニコンっぽくて好きです。これ、目指してもなかなか他メーカーにはないんだよねぇ。音楽関連には使いにくいけれど。【画質】2400万画素?こんなに使わないけれど、、使うと凄い細かいところに目が行ってしまいます。18-140mmのKitレンズでは、望遠側に関しては、十分解像していないと思われます。レンズを選ぶカメラでしょうね。フルサイズよりタイトだと思いますが、ローパスレスなので、スッキリこん!な、青空がヌケた絵が取れますね。花びらもエッジが立ちますよぉ。人物の場合、ちょっとシワや肌荒れまで見えるので、どうかなぁ。とにかく画質はいいですね。なお、高感度(3200オーバー)は、そのために若干犠牲が見えます。【操作性】ニコンに慣れないので、はじめ戸惑い。まぁ、慣れればどってことない。SDカード二枚差しなのでカード1カード2の表示があるが、カード2を同時記録(バックアップ)にすると、どういう訳かカードを二枚入れるとカード2しか再生できない。カード1を再生するには、カード2を抜かなくてはならないのが煩わしい。失敗撮影後、再生して一コマを消したくても再生したバックアップ側しか消えないからだ。よく分からない仕組みだ。それから、キヤノンでは、フォーマット時にカード容量と、データの容量が表示されるが、この機種では出ないため、この機種で読めないデータが入っていた場合(例えば、他社のRAWファイルなど)、間違えて消してしまうことが有り、注意を要する。ここで、読めないファイルでもカードの総容量とカードの中のデータの容量が表示されれば、「何が入っている?」とフォーマットを止めて確認し、間違えて消すことは無い。キャノンは、その点が優れているなと思ったので、是非ニコンにもそうして欲しいな。【バッテリー】純正も良く保つが、ロワの一割容量が大きいバッテリーも良く保つ。あくまで、キットレンズの場合。それ以外の、例えば大三元とか、長ダマとかは、やっぱり消費するだろう。そのためのバッテリーパックだ。【携帯性】ペンタックスK3なみ。ニコンのすごさ。K3よりピントが速い。小さくてカメラ用ウエストバックに入る。山登りには有り難い。なのにストロボがでかい(笑)【機能性】シャッターシンクロも1/250sをキープ。写真屋としては、度ピーカン現場での撮影もあるから、1/180sとかの機種は、フラッグシップとは呼ばない。シャッターにカネかけないでどうする、と思う。コレを確保している点、ダブルスロット、それなりのAIサーボ(ニコンはなんて言うのかな?)、コンパクトさ、Aフォーカスもキャノンに近い速度。そして、もう少し望遠が欲しかったーー、と多くの人が地団駄を踏んだであろう18-140mmKitしかないときの案外使える1.3xのクロップ。至れり尽くせりだ。【液晶】よく見える。綺麗です。動かないけれど、動く必要性が無ければ、十分。Eos70Dを使用していて、動く液晶が必要だったのって、年に五回くらいしか無かった。少なくとも私には、それは必需では無かったので、この液晶で十分です。【ホールド感】小さいボディ故に、右手のグリップ側の中指と薬指の先が痛くなります。グリップ力が爪先に入ってしまうんですよね。私は手が小さいけれど、グリップ部分の厚みが不足しているから、力が入ってしまうのかもしれません。その点、やはりフルサイズは良く出来ています。【総評】これでレンズ込み110k円なんて、買わないでどうする!と思いました。写真好き、趣味なら、お薦めしてしまうレンズキットですね。ボディだけでも80k円でしょう。最安値ばかり書いてますけれど、D500なんかに20枚以上諭吉を放出するなら、こっちをかってレンズ買った方が良いと思います。まぁ、キヤノンの7Dmk2の場合と同じですけれど、限りなくAFに頼る撮影が求められるスポーツ以外なら、わざわざD500や7Dmk2が要りますか?っていう自らへの問いに悩むことでしょう。業務で子供たちや高校生レベルのスポーツ(都大会とか関東大会とか)で、アルバムに載せるレベルはコレで十分撮れそうですもの。キャノンの7Dや70D、5Dmk3で十分でしたから、1DX並、1DXmk2やNikonD5並のD500は、食指が動きませんでした。所詮、APSCですよ。価格の下落はすぐです。レンズについては、望遠側はボディの性能に追いついていません。十分程度で、クリア度が欠けます。それでも無いよりマシですから、結局、L玉(ニコンでは何というのかな?)レベルは、要るのかな、と。ニコン機を増やした理由は、ストロボのあたりの優秀さとAF-S200-500の安価に、望遠を狙っているためです。キヤノンにはあの価格の純正は無いからですね。2016年4月の110k円前後で買えるならば、久しぶりに強く薦められる機材だと思いました。追記D5000との組み合わせで、体育館内などでのストロボのあたりの良さに感動しています。(高いのが玉に瑕ですが)キャノン、頑張ってくれよぉ…。

憧れのNikonです!

評価:
購入1か月過ぎたので、初になりますが、レビューをいたします。当方写真は子供メインの初心者で、以前はSONYのNEX-7を使用していました。○デザイン NEX-7もデザインとしては優れていました(トライナビダイアル等機能面)が、本物の一眼レフには敵いませんでした。 カメラを構えた時に自然と指の届く所にあるダイアルやボタン類には感動しました。 なによりも、グリップ部分の赤いラインが、『Nikon機を使っているんだぞ』という自己満足感を与えてくれます(笑)○画質 画素数的には大きな違いはありませんでしが、ローパスレスだからでしょうか、D7200の方がクリアに見えます。 暗い室内でも十分な画を切り取れます。 基本jpeg撮って出しなのでRAWとかわかりません。○操作性 前述してますが、素晴らしいの一言に尽きます。右手親指と人差し指で完結するダイアル類には感動の一言です。○バッテリー NEX-7よりは持ちますが、幾分減りが早いような… 撮るたびに液晶で確認しているせいでしょうけど。○携帯性 当たり前ですが、ミラーレスには到底敵いません。ですが決して持ち出しにくいと感じる大きさでもありません。 言ってみれば丁度いいのかもしれませんが…○機能性 まだまだ使いきれていませんが、十分すぎる機能を持っている機種だと感じております。○液晶 明るい屋外でも見やすくて重宝しております。○ホールド感 握りやすいです。ただ店頭で触ったD5500の方がグリップ感は良かったように感じました。○満足度 結論から言えば、大満足です。最新機種のD500やC社の新型とも迷いましたが、持ったフィーリングやシャッター音やなにより価格面など総合的に見てこちらにしました。私には有り余る性能を持っている驚異の機種としか言いようがありません。まだまだ勉強中の身なので、これから使い倒していきたいと考えております。

※価格は最新ではありません。数万円単位で安くなっていることが多々ありますので必ずAmazonサイトで確認してください。

Canon EOS Kiss X7ってどんな一眼レフカメラ?


発売日:2013年 4月24日

ポイント1 とにかく軽量!

この機種の特徴は、とにかく「小型で軽量」であるということです。2015年2月のキャノン調べでは、APS-Cサイズ(エントリーモデルのデジタル一眼レフカメラに標準的サイズ)のデジタル一眼レフカメラでは、世界最小・最軽量をうたっています。

なんとボディの重さが370g(500g以下であれば十分軽量です)、厚さも7㎝以下となっています。持ち運びが便利であればその分活躍するシーンが増えます。デジカメに近い感覚で持ち運べるので、特に初心者の方には非常にお勧めです。

ポイント2 タッチパネル機能で簡単にピント合わせ

最近発売されたCanonのエントリーモデルは、ライブビュー機能という液晶モニターに被写体を映して撮影できる機能(ファインダーを覗く必要のない機能)がついていますが、その液晶画像をタッチすることで、簡単に目的のものへピントを合わせることができます。

マニュアルでピントを合わせる人には必要がありませんが、ライブビュー撮影を使うときはオートフォーカスで撮影することが多く、このタッチパネルによるピント合わせは非常に有用なツールです。

ポイント3 さまざまな表現を楽しめる

さまざまな機能により、面白い表現が楽しめます。

例えば、ビデオスナップ機能。これは2~8秒の短い動画を何回か撮影し、それをつなぎ合わせたビデオスナップを作ってくれる機能です。この機能を使うことで、だらだらした動画ではなく、見ていて楽しいテンポのある動画が撮れます。パソコンを使ってBGMを入れればショートムービーのような動画が楽しめます。

他にも、撮影した動画がミニチュア撮影をしたような動画になるジオラマ風動画や、7種の静止画フィルター(油絵風・水彩風・ラフモノクロ・トイカメラなど)など、楽しいモードがたくさんあります。

エントリーとしてこのカメラを選ぶ人へのアドバイス

このカメラはとにかく「小さく軽い」ということが一番のポイントです。ですので、デジカメに近い感覚で、持ち歩きを重視する人には第一選択としてお勧めしたいモデルです。

もちろん、デジタル一眼カメラとして十分な基本性能や機能を有しています。標準レンズとズームレンズの付いたダブルレンズキットでも4万円台で買えるというお買い得な点もエントリーとしてはお勧めです。

セカンドとしてこのカメラを選ぶ人へのアドバイス

やはり小さくて軽いので、お散歩カメラ用に一台ほしいという人にはお勧めです。基本性能はしっかりしていますが、特に何かに優れているというカメラではないので、サイズ以外にセカンドとして選ぶ理由はほとんどないでしょう。

総合評価

見た目のよさ、質感 軽さ、コンパクトさ
画像の精細さ、ノイズの少なさなど 手ぶれ補正、撮影モードなど
メニュー操作・設定のしやすさ 液晶画面は見やすいか
バッテリーの持ちはよいか しっかりホールドできるか

Canon EOS Kiss X7で撮影した写真集

Something is wrong.
Instagram token error.
Load More

※価格は最新ではありません。数万円単位で安くなっていることが多々ありますので必ずAmazonサイトで確認してください。

利用者レビュー

小型軽量&高感度

評価:
Kiss-X4からの機種変で購入。(添付写真参照)ポイントは機材の小型軽量化に加えDIGIC5による高感度撮影への期待です。登山と絡め星撮りをするので機材の軽量化は正義。本当はバリアングルが有るとラクなんですが軽量化は正義っ!ホールド性は小さ過ぎてダウン。が、X4が持ちやすかったワケでも無いのでコンデジを持ってると思えば耐えられます。バッテリーが小さくなったので持ちがチト心配ですが、どうにかなるでしょ。シャッター音が静かになりました。さらに静音モードまであるそうです。Wi-Hi機能が欲しかったけど軽量化は正義っっ!データ転送はフラッシュエアーで耐えます。部分的には、メイン機材の5D-mk2のスペックも超えてるのでこのカメラの出番が多くなりそうです。

山へ持って行くように購入

評価:
【デザイン】デジイチらしいデザイン。小さくて軽くて良い。【画質】レンズは、マクロ用のEF-S60mm F2.8を使用。高山の花や景色をキレイに撮りたくて、これ一本で入山。デジイチはピントがしっかりあい後で見てもガッカリする事は少ない。【バッテリー】2泊3日で行った、こまめに切るようにしていたので十分もったけど、予備電池は購入予定。【携帯性】コンパクトデジカメと比べると重くかさばるけど写真に失敗が減り、画像も美しく良い。【液晶】普通。【ホールド感】普通【総評】高山でしか会えない、イワツメクサの花が好きでそのためにデジイチを持って行くようなものだけど楽しく撮れて、山へ持って行くにはベストと思う。

エントリー機にしては十分すぎる機能

評価:
標準レンズだけでも十分楽しめる、エントリーモデル思えないほど機種なので購入悩んでいる方の参考になればと思い再レビューします。【デザイン】丸みを帯びたコンパクトのデザインは好き嫌い別れそうですが好感がもてます。【画質】エントリークラスだと思って使っていましたが、十分すぎるぐらいの高画質、トリミングしても十分鑑賞に堪えられます。【操作性】コンパクトで操作性が犠牲になるところもありますが、液晶のタッチパネル操作よく考えあれたボタン操作もあり、エントリー機にしては十分すぎると思います。【バッテリー】冬の寒い時期は予備バッテリーが複数個欲しいくらい持ちが悪くライブビューするとバッテリーの減りが激しいので、予備バッテリーを用意した方がいいと思います。【携帯性】デジイチを気軽に持ち出せる軽さと機動性、長時間手持ち撮影でも重さを感じることなく満足しています。【機能性】エントリーモデルとしては扱いやすく十分すぎる機能、一部省かれている機能もありますがそこは割り切って使っています。【液晶】液晶はきれいで見やすく、タッチパネルがあることで、エントリークラスでありがちな操作性を犠牲にせずに使えます。【ホールド感】男性にしては手が大きい方でないので十分ホールドしやすいですが手が大きい方が使うとホールドしにくく感じられるかもしれません。【総評】ファーストインプレッションから約1年半、旧型のEF-S55-250mmのレンズが増えた事で沼の入り口に。(純正3本と便利ズーム1本が増えました。)当初は購入目的で候補になかったのですが、鳥や飛行機などの動き物にを除けば初心者に十分すぎる機能にEOS70Dの出番が減りました。長時間手持ちでの撮影なるとEOSKissX7の軽さと機動性が上回っています。バッテリーの持ちに多少不満は残りますが最近撮影するのが楽しくなりつつあるムーンリポートになくてはならない存在になりました。

※価格は最新ではありません。数万円単位で安くなっていることが多々ありますので必ずAmazonサイトで確認してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 【撮った写真で比較レビュー】Nikon D3200 VS Nikon D5100のレビュー

    Nikon D3200とNikon D5100を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場…
  2. 【撮った写真で比較レビュー】Canon EOS Kiss X50 VS Canon EOS Kiss X6iのレビュー

    Canon EOS Kiss X50とCanon EOS Kiss X6iを徹底比較します。まずは基…
  3. 【撮った写真で比較レビュー】Nikon D5200 VS Nikon D7000のレビュー

    Nikon D5200とNikon D7000を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場…
  4. 【撮った写真で比較レビュー】Canon EOS 7D VS Canon EOS Kiss X7iのレビュー

    Canon EOS 7DとCanon EOS Kiss X7iを徹底比較します。まずは基本スペックで…
  5. 【撮った写真で比較レビュー】Canon EOS Kiss X70 VS Nikon D3200のレビュー

    Canon EOS Kiss X70とNikon D3200を徹底比較します。まずは基本スペックで比…

ピックアップ記事

  1. Nikon D3200とNikon D5100を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場…
  2. Canon EOS Kiss X50とCanon EOS Kiss X6iを徹底比較します。まずは基…
  3. Nikon D5200とNikon D7000を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場…
  4. Canon EOS 7DとCanon EOS Kiss X7iを徹底比較します。まずは基本スペックで…
  5. Canon EOS Kiss X70とNikon D3200を徹底比較します。まずは基本スペックで比…

新着情報

  1. 【撮った写真で比較レビュー】Nikon D3200 VS Nikon D5100のレビュー

    Nikon D3200とNikon D5100を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場…
  2. 【撮った写真で比較レビュー】Canon EOS Kiss X50 VS Canon EOS Kiss X6iのレビュー

    Canon EOS Kiss X50とCanon EOS Kiss X6iを徹底比較します。まずは基…
  3. 【撮った写真で比較レビュー】Nikon D5200 VS Nikon D7000のレビュー

    Nikon D5200とNikon D7000を徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホの場…

ランダム記事

  1. Nikon D3000とCanon EOS 5D Mark Ⅱを徹底比較します。まずは基本スペックで…
  2. Canon EOS 6DとCanon EOS 7Dを徹底比較します。まずは基本スペックで比較※スマホ…
  3. Canonのローエントリーモデルとして2014年に発売された機種です。発売日:2014年 3月13日…
  4. Canon EOS Kiss X50とNikon D7100を徹底比較します。まずは基本スペックで比…
  5. Canon EOS 6DとCanon EOS Kiss X7を徹底比較します。まずは基本スペックで比…

固定ページ

ページ上部へ戻る